平原綾香が作詞する場所が意外!「アイデアが湧くパワースポットです」

2019年08月27日

J-WAVEで放送中の番組『SEIKO SOUND STORAGE』。この番組は、ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで自らの音楽遍歴を語る。8月は歌手の平原綾香が登場。23日(金)のオンエアでは、21日にリリースされた最新アルバム『はじめまして』について語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年8月30日28時59分まで)


■『はじめまして』タイトルに込めた想い

アルバム『はじめまして』について「いいアルバムになったと思う」と平原。キャリア16年目に突入した平原の「新たな一面を見てもらいたい」「何回やっても『はじめまして』と思える仕事がしたい」という想いから、このタイトルがつけられた。「何回歌っても『Jupiter』を初めて歌うように感動したい」とも。

収録曲『はじめまして』は槇原敬之が書き下ろした新曲だ。争い合う国に住む恋人同士のふたりが、大きな樹の下に座って話すところからストーリーがはじまるラブソング。平原は歌いながら、歌詞の内容にグッときたと振り返る。

番組では、収録曲『はじめまして〜Acoustic Version〜Piano by Noriyuki Makihara』をオンエア。

アルバム『はじめまして』には、藤井フミヤが書き下ろした新曲『恋』も収録されている。平原は「フミヤさんにしか作れない名曲」と語り、低い声で歌う部分が多いため「かわいい声の子は歌えないかもしれない。男性のほうが歌いやすいキーかも」と曲の印象を明かした。


■歌詞のアイデアが湧くパワースポット

後半では、「曲作りはどのようにしているのでしょうか?」という質問に答えた。

平原:歌詞は、歯磨きやお風呂の最中にとてつもなく重いものがドスンと降りてくる感じで、キーワードや格言みたいなものが目の前に落ちて来るような感覚。私は作品によって曲から作ったり歌詞から作ったり、どちらもあります。音楽制作に行き詰まったときは、お風呂に入る。お風呂はいろいろなアイデアが湧くパワースポットですね。お湯につかると血行もよくなるし、考えがまとまっていく。だからスマホを持ち込んだり、ときにはパソコンにタオルを被せて持っていくこともあるんですよ。

収録曲『I Love You』は、お風呂で歌詞が誕生した。歌詞は、平原の友人夫婦とこれから生まれてくる子どもの3人の物語を描いたもの。「生まれ変わっても私に会いにきて」という母と父の思いをのせた曲だ。「親の愛や恋人同士の愛など、いろいろな"I Love You"につながる曲」と解説した。また、『I Love You』のストリングス以外は全て平原がアレンジを手がけた。

平原の最新アルバム『はじめまして』は絶賛発売中。ぜひ手にとってほしい。

次回、平原の最終週となる8月30日(金)の『SEIKO SOUND STORAGE』では、平原が「新たに挑戦したいワクワク・ドキドキする体験」について語る。 お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年8月30日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEIKO SOUND STORAGE』
放送日時:毎週金曜 24時-24時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/soundstorage/
Recommended by

News Ranking

Archive