ハワイのココナッツアイスクリーム店が日本初上陸! 濃厚で満足感のある甘さが堪らない

2019年08月05日

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「COME ACROSS TOKYO」。8月3日(土)のオンエアでは、7月に表参道に日本初上陸を果たしたココナッツアイスクリーム店「COCONUT GLEN'S(ココナッツグレン)」を紹介した。


■ハワイの秘境から日本初上陸!

元ミシュランシェフのグレン・シムキンズさんが、ハワイのマウイ島で2008年にオープンした「ココナッツグレン」。オーガニックのココナッツミルクをベースとした、無添加・非乳製品のアイスクリームが人気だ。アイスにはグレンさんのこだわりが詰まっており、砂糖もオーガニックのサトウキビから作られたものを使用している。

マウイ島のハナという街の山道を越えた秘境にある本店では、店の近くで収穫できるさまざまなフルーツを使用したアイスを提供。偶然現地のお店を訪れたスタッフが、グレンさんのアイスに惚れ込んだことがきっかけで、日本に上陸に至った。「ココナッツグレン」のアイスは、スッキリとした見た目からは想像できないほど、濃厚で満足感のある甘さを味わうことができる。加えて、香りのよさにも驚く人も多いとか。

ココナッツグレン
■3 Scoopsで3種類の味を堪能!

表参道店ではオリジナル、バニラ、ジンジャーレモングラス、ピスタチオ、コーヒートフィ、チョコレート、バナナラムレーズンの7種類のフレーバーを味わうことができる。サイズは1 Scoop(500円)、3 Scoops(700円)、5 Scoops(900円)の3種類。

お店を訪れたマリエは、オリジナル、ピスタチオ、バナナラムレーズンを試食! 本物のココナッツの殻を皿として使用しており、見た目も可愛らしい一品だ。プラスチックを削減するため、お店ではできるだけストローやコーヒーの蓋などにプラスチックを使わないようにしているという。

ココナッツグレン
ココナッツアイスクリーム
ココナッツミルクをベースにした「オリジナル」にはココナッツの果肉も入っており、マリエは「すごく濃厚! ものすごくなめらかで、ココナッツの果肉は食べ応えがあります!」と大満足。「ココナッツグレン」で提供されるアイスは、全てお店で手作りされている。「ピスタチオ」フレーバーのアイスも、ピスタチオの殻をひとつずつ剥いて擦り潰して作っており、マリエは「ココナッツとピスタチオの甘みがとても合うんですね!」と感激していた。「バナナラムレーズン」については、「しっかりとバナナが感じられる南国な雰囲気のフレーバー」と感想を述べた。

ココナッツグレン
アイスのベースとなるココナッツミルクにはビタミンが豊富に含まれており、美肌やアンチエイジングにも効果が期待できる。健康志向の人でもギルティフリーのスイーツとして楽しむことが可能だ。創業者のグレンさんの願いは、「アイスクリームで世界中に魔法をかけ、ハッピーにすること」。今後、表参道店では季節限定や日本限定のフレーバーなど、新しい取り組みをしていくという。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEASONS』
放送日時:毎週土曜 12時-15時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons
Recommended by

News Ranking

Archive