新型オルタナサウンドが持ち味のスリーピースバンド・w.o.d.! 1曲1曲大事に作った新作『1994』

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVE がプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。9月5日(木)のオンエアでは、w.o.d.の『ハロウ』をピックアップ!


■結成から約10年

神戸出身のw.o.d.は、サイトウタクヤ(Vo&Gt)、Ken Mackay(Ba)、中島元良(Dr)からなるスリーピースバンド。以前、GEEK OUTのコーナーに出演してくれたフォトグラファーの小見山 俊さんもプッシュしていた。日々をけだるく歌い、ときに感情的なシャウトを吐き出すヴォーカル。それを支えるヘヴィーかつタイトな攻撃的リズム隊。NIRVANA直系の退廃的でダーティなグランジサウンドを爆音で鳴らし、Blurを彷彿とさせる、ひねくれたポップセンスも併せ持った新型オルタナサウンドが持ち味だ。

9月11日(水)にリリースされた2ndフルアルバム『1994』に収録された『ハロウ』が、J-WAVE SONAR TRAXに選出された。メンバーにバンド結成のきっかけや、影響を受けた音楽を伺った。

サイトウ:もともとベースのKenと僕で中学生のころから組んでるバンドで、10年くらいやってます。
Ken:そう、長いよね。
サイトウ:みんなそれぞれ聴いていた音楽は違うけど、俺は最初はなんだかんだBUMP OF CHICKENとか聴いてたけど、NIRVANAはルーツとしてはある。Kenさんは?
Ken:俺はHIP-HOPが好きなんですけど、ロックバンドだとレッチリが好きでした。
サイトウ:元良くんは?
元良:最初ミスチルとか聴いてたけど、どんどんロックを聴くようになって、グランド・ファンク・レイルロードがめっちゃ好き。
サイトウ:みんなハードロックとかオルタナとか好きなのは共通してるかな。

「どんな音楽がしたいか」という質問に、とにかくかっこいいことがしたいと話すメンバーたち。そんなw.o.d.は、どのように曲作りしているのだろうか。

Ken:基本的にはサイトウが作って、みんなでアレンジしてって感じです。
サイトウ:あとはプロデューサーと相談しながら、どれがかっこいいか、と地味に考えて作っていっています。


■子どもから大人になる過程での葛藤を綴った曲

J-WAVE SONAR TRAXに選ばれた『ハロウ』は、どんな曲に仕上がっているのだろうか。

サイトウ:そもそも1stアルバムを作ったときに、もう曲自体はあったんです。
Ken:アレンジもいろいろ進めたりしてて、それで元良くんが入って、今回バンドでってなったときにしっかり録った曲です。
サイトウ:この曲は、僕が子どもから大人になるときのことをいろいろ思い出して、「大人になるってどういうことなのか」とか「大人と比べられるのが嫌だったこと」などを書いた曲です。
元良:めっちゃいい歌詞。
サイトウ:ありがとう。

サウンド面については......。

サイトウ:普段はがっつり機材をセッティングして、一発録りでレコーディングしています。この曲のときは普通のダイナミックマイクで、ドラムも3本だけ、ギター1本、ベース1本で。
Ken:もともとお披露目くらいの軽い感覚で、本チャン録るつもりじゃなかったからね(笑)。
元良:このパターンで初めて録ったかもしれない。「こういう曲があるんだけど......」って言われて音合わせしたときの音源が、そのまま使われている(笑)。でも、めちゃくちゃ良かったよね。
サイトウ:その生々しさが、音によく出てると思います!

最後に、『ハロウ』も収録された、2ndフルアルバム『1994』について伺った。

サイトウ:かっこいい曲が9曲入った、かっこいいアルバムになっています。コンセプトアルバムとか考えたりもしたけど、やっぱり1曲1曲大事に作っていくのがいいなって、ギリギリまで詰めていったよね。
Ken:そうだね~、ほんとギリギリだった。
サイトウ:そのおかげで納得する作品が出来たと思います。
元良:ほんとカラフルで、ポップで。
サイトウ:そう! ファーストからある衝動感もあるし、変わらず一発録りで。でもより広がってる感じもするので、ぜひ聴いて下さい。
Ken・元良:よろしくお願いします!



【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive