平原綾香、槇原敬之が立ち会ったレコーディングの様子を語る! 大量に出てきたのは…

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。9月10日(火)のオンエアでは、平原綾香が登場。ニューアルバム『はじめまして』や、現在開催中の全国ツアーについて語った。


■槇原敬之のスタジオでマイク選び

平原は、8月21日にニューアルバム『はじめまして』をリリースした。タイトル曲『はじめまして』は、槇原敬之が書き下ろした新曲だ。レコーディングの際は、槇原と共にマイク選びに5時間も掛けるほどこだわったそうだ。

西沢:レコーディングにも槇原さんが立ち会ったんですね?
平原:そうです。最初から最後まで。そんなに立ち会うことはあまりないみたいなんですけど。
西沢:マイクでそんなに音が変わりますか?
平原:変わります。自分の声のいい成分を拾ってくれるマイクがあるんです。気に入っているものもあるんですが、毎回違うマイクを試しています。

レコーディングは槇原のスタジオで行われた。そのスタジオには槇原のマイクがいくつもあったと明かす。

西沢:「僕のマイクを使ってみようよ」と?
平原:まあ、(マイクが)出てくる出てくる。
西沢:やっぱり音は違いましたか?
平原:違いますね。その中で一番いいものがあったので、それで録りました。
西沢:そのマイクは「これからも使わせてください」と、もらってこなかったんですか?
平原:貸し出ししてくれました(笑)。

平原もひとつだけ自分で購入したマイクがあり、それはマライア・キャリーなども使っているマイクなのだそうだ。


■スポーツ界と意外な繋がりが?

平原は現在、全国ツアー「平原綾香 CONCERT TOUR 2019 〜 幸せのありか 〜」を開催中。東京公演には、槇原をはじめ、Cocco、市村正親、城田 優など、多くの著名人が駆け付けた。さらに、荒川静香や髙橋大輔といったアスリートも足を運んだ。

西沢:なぜそんなにスポーツ界と交流があるんですか?
平原:フィギュアスケート×源氏物語「サマージャンボPresents 氷艶hyoen2019-月光かりの如く-」という氷の上のミュージカルに出演して、そこでアスリートのみなさんと友だちになったので、来てくれたんです。

【関連記事】平原綾香、氷上ミュージカル挑戦の苦労を明かす 「青アザを見せたいくらい」

西沢はこの話を聞いて「東京オリンピック・パラリンピックで何かあるんじゃないですか?」と期待を寄せた。「恐れ多いです」と謙遜した平原だが、平原は9月20日(金)に行われる「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開幕戦で日本国歌斉唱者を務めることになっている。

西沢:これはこれでプレッシャーがかかりますね?
平原:選手のみんなの気合いが入るように、そして、ラグビーファンの人たちにも歌ってもらえるようなキーに設定しておりますので、みんなで歌いましょう。

平原がリリースした12thアルバム『はじめまして』は、映画『メリー・ポピンズ リターンズ』の日本語吹き替え版のエンドソング『幸せのありか』や、藤井フミヤが書き下ろした『恋』など、全12曲が収録されている。ぜひチェックしてみてほしい。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分-19時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/
Recommended by

News Ranking

Archive