夏服をしまう前に! 黄ばみをとるには「洗う前の下準備」が大事

残暑が次第に落ち着き、秋の空気を少しずつ感じるようになった今日この頃。そろそろ衣替えをしたいと考えている人も多いはず。しかし、夏服はそのまま片付けると黄ばみの原因にもなる。そこで今回は、意外と知らない衣類の正しい洗い方を、洗濯のプロ「洗濯ブラザーズ」に訊いた。

【9月20日(金)のJ-WAVE『ALL GOOD FRIDAY』(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉 友)のワンコーナー「TOKYO SAVVY」(15時30頃)】 (この記事の放送回をradikoで聴く/2019年9月27日28時59分まで)


■独自の粉洗剤を開発!

「洗濯ブラザーズ」は、長男・茂木貴史さん、次男・茂木康之さん、血は繋がっていないが"三男"・今井 良さんからなる洗濯のスペシャリストだ。白い衣服専用の粉洗剤「ホワイト ディタージェント パウダー(漂白剤・蛍光増白剤フリー)」を開発している。白い服に漂白剤を使う人がいるかもしれないが、漂白剤はあくまでしみ抜きの最終手段。いつも漂白剤で洗っていると繊維がボロボロになってしまうそうだ。この粉洗剤は「漂白剤を使わずに汚れをとる、洗剤の力を濃縮したもの」だそうで、もともとはシルク・ドゥ・ソレイユや劇団四季ミュージカル『アラジン』の衣装を洗うために開発された。「伊勢丹 新宿店」メンズ館やESTNATION(エストネーション)六本木ヒルズ店などで販売しており、オンラインショップ「LIVRER YOKOHAMA」も展開しているので、気になる方はチェックしてみてほしい。


■白いTシャツの洗い方

「ホワイト ディタージェント パウダー(漂白剤・蛍光増白剤フリー)」を使って、夏物の白いTシャツが黄ばまないようにする正しい洗い方を、選択ブラザーズが伝授した。

貴史:洗う前の水につける段階が重要です。「ホワイト ディタージェント パウダー(漂白剤・蛍光増白剤フリー)」を薄めて、汚れを反応させておいてから、40度ほどの温度で約1時間つけこんであげれば、黄ばみまできれいに取れます。洗うときに全部汚れを落とすのではなく、洗う前にどれだけ下準備をするか。
今井:汚れに刺激を与えることが重要です。
貴史:技術の高いクリーニング店は、しっかり下準備をしています。
LiLiCo:へえ~!


■ニットの洗い方

後半では、これから着るニットや厚手の衣類の洗い方を伝授。これらの衣類は自宅でも洗うことができる。

<ニットを洗う手順>
・洗面器やバケツを用意する。
・洗濯機だと、生地が摩擦でダメになったり毛玉ができやすいので、基本は手で「押し洗い」。※両手で押したり離したりして洗う方法。
・常温で3分間押し洗いして脱水する。脱水は洗濯機でもOK。ただし、小さな洗濯ネットに入れて摩擦しないように1分間脱水する。
・すすぎ→押し洗いで、もう一度きれいな水で洗い、1分間脱水。
・平干し、もしくはハンガーふたつを肩と裾部分にかけて重さを分散して干す。

この方法で、家でシルクやカシミヤも洗うことができる。100円ショップで平干し用ネットやバスタオルを寝かせて乾かす道具などが販売しているので、これらを活用することをおすすめした。

洗濯ブラザーズは、書籍『日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術』(アスコム)を10月に出版する。こちらも要チェック!

J-WAVE『ALL GOOD FRIDAY』

『ALL GOOD FRIDAY』のワンコーナー『TOKYO SAVVY』では、新しい東京・まだ知らない東京をプレゼンテーションするコーナー。放送は毎週金曜の15時30頃から。お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ALL GOOD FRIDAY』
放送日時:毎週金曜 11時30分-16時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/
Recommended by

News Ranking

Archive