中井智彦×小野田龍之介『ウエスト・サイド・ストーリー』の魅力を語る! 吉原光夫とともにスペシャルライブも披露!【音源アリ】

J-WAVEの番組『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』(ナビゲーター:中井智彦)。9月20日(金)のオンエアでは、9月17日に千秋楽を迎えたミュージカル『レ・ミゼラブル』で中井と共演した、俳優で演出家の吉原光夫と、俳優の小野田龍之介が登場が登場。番組初の公開収録にて、トークとともに、この日限りのスペシャルライブパフォーマンスを披露した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月27日28時59分まで)


■劇団四季に入団したきっかけは『クレイジー・フォー・ユー』

中井が初舞台を踏んだのは、2007年の『レ・ミゼラブル』。当時を、次のように振り返った。

中井:この作品で僕は、23歳で司教役をやりました。初舞台だし、いろいろと戸惑うこともありました。2019年、初舞台から12年後に同作品のコンブフェール役で戻ってきて、あらためて司教の大きさを感じました。今の自分が演じたらどうなるのかなと思いつつ、新鮮な感じで今回の『レ・ミゼラブル』をやらせていただきました。

そして中井は、2009年に劇団四季へ入団。きっかけとなった作品は『クレイジー・フォー・ユー』だった。

中井:もちろん『オペラ座の怪人』や『美女と野獣』も知っていたし、興味もあったけど、劇団四季の作品は入団するまであまり観たことがありませんでした。「『クレイジー・フォー・ユー』が面白いから観てみなよ」と言われ、実際に観てみると、ポリー・ベーカーとボビー・チャイルドが愛し合い、コメディですごく面白かったです。ボビーは踊りが好きだから、ずっと踊っています。タップを踏んで「これどう!」「見て!」「楽しいでしょ!」と俳優が踊る姿を観て、すごく楽しそうで、舞台上でウソがないことに感動しました。この作品に素敵な俳優さんが出ていたし、劇団四季に入ろうという思いが強くなりました。

オンエアでは、中井が思い出深い作品『クレイジー・フォー・ユー』より、『I Got Rhythm』を、そして、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』より『Edelweiss』を披露した。


■中井「龍之介くんの軸の太さは変わらない」

小野田は2020年5月19日(火)から帝国劇場で上演するミュージカル『ミス・サイゴン』のクリス役を務める。同役は2016年以来4年ぶりとなる。

オンエアでは、小野田が『ミス・サイゴン』より『Why God Why?』を披露した。

中井:(小野田)龍之介くんって、こう見えて若いんですよ。
小野田:どう見えて(笑)。どこからどう見ても若いでしょ。
中井:龍之介くんが16歳で共演したときは、体が細かったよね。
小野田:ヒョロヒョロしてましたね。
中井:でも軸の太さは変わってないよね。ミュージカル『ひめゆり』で共演してから、久しぶりに龍之介くんと会って惚れ込んじゃって、すごく素敵だった。『レ・ミゼラブル』のアンジョルラスとコンブフェールは交流も多くて楽しかったですね。

小野田は、2019年11月から「IHI ステージアラウンド東京」で上演するブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』日本語版でリフ役を務める。

小野田:今回の『ウエスト・サイド・ストーリー』は、映画でしか再現できなかった細かいセットの中に、舞台でしか感じられない生の呼吸や勢いを描いているので、新たな『ウエスト・サイド・ストーリー』をご覧に入れられると思います。『ウエスト・サイド・ストーリー』はミュージカルの原点です。4年前の劇団四季『ウエスト・サイド・ストーリー』で主役・トニーとして関われたことも奇跡だと思っています。トニー役って、クラシックを本当に勉強してやるミュージカル界の歌枠のトップみたいな役じゃないですか。それくらいリスペクトしているんです。
中井:トニーはすごくいい役だよね。
小野田:一方で、リフ役はミュージカル界のダンス枠の憧れで、もともと僕は子どものときからずっとダンスをやっていたから、その昔の引き出しを開けるのが今回は楽しみ。新たな空気のリフと、新たな『ウエスト・サイド・ストーリー』の歴史を刻めればいいなと思っています。

ここで、中井と小野田のふたりで『ウエスト・サイド・ストーリー』から『Maria』を披露した。

最後は、吉原と中井と小野田と三人で『レ・ミゼラブル』から『民衆の歌』を歌い、拍手喝采で公開収録の幕を閉じた。

中井は「大好きな仲間とのトークだけではなく、ライブもお客さまに楽しんでいただけて、最高のひとときだった」と感想を述べ、「また公開収録をできたらうれしい」と語った。

『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』では、中井がゲストを迎えて、ミュージカルの話や作品の解説など、さまざまな形でミュージカルの魅力をお届けする。放送は毎週金曜の22時30分から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』
放送日時:毎週金曜 22時30分-23時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musical/
Recommended by

News Ranking

Archive