ポスト・マローンが2連覇! ソルトレイクシティに新居を購入した意外な理由とは?

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは9月22日(日)付のチャートを紹介!

■9月22日付チャート

10位:TENDRE『VARIETY』
マルチプレイヤー、河原太朗のソロプロジェクト、TENDRE。『VARIETY』は、10月2日にリリースされる新作EP『IN SIGHT - EP』の収録曲。TENDREが出演した「FUJI ROCK FESTIVAL '19」でのライブが、YouTubeチャンネル「Fuji Rock Festival」にアップされた。TENDREの他にもClammbon、EGO-WRAPPIN'、銀杏BOYZ、中村佳穂、ORIGINAL LOVE、Tempalayなど、23組のライブ映像が公開されている。ちなみに、2020年の「FUJI ROCK FESTIVAL」は、東京オリンピック・パラリンピックの影響で、例年の7月ではなく、8月に開催される。


9位:あいみょん『空の青さを知る人よ』
あいみょんはスマホの文字入力のスピードが速いといわれており、先日スタッフがあいみょんの高速フリック入力の動画をTwitterにアップした。ネットでは「えげつない」「異次元」「早送りかと思った」などのリアクションが書き込まれた。



8位:大塚 愛『Chime』
9月14日に「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT 2019 TOKYO」の会場・表参道ヒルズで行われた『SAISON CARD TOKIO HOT 100』の公開収録に登場した大塚 愛。久々に会ったクリスは「女性として磨きがかかったというか、自立した大人の女性という感じがした」と語った。大塚は、9月29日(日)に藤巻亮太がオーガナイザーを務める野外フェス「Mt.FUJIMAKI2019」への出演が決定している。


7位:the engy『Still there?』
京都をはじめとする関西を拠点に、精力的なライブ活動を展開する4人組バンド・the engyは、メンバー全員がメガネをかけている。これについて「神様のいたずらでメガネが4人揃ったので、運命の導くまま、メガネの似合う男になることがこだわりです」とコメントしている。メンバー同士は仲がよく、練習が終わると一緒にジムに通うそうだ。そんなthe engyは、10月にメジャー1stミニアルバム『Talking about a Talk』をリリースする。さらに、11月には渋谷WWWでのワンマンライブが決定している。


6位:Official髭男dism『イエスタデイ』
『イエスタデイ』のミュージックビデオが公開された。湖にステージセットを組んで撮影しており、グランドピアノが濡れるシーンもある。そのためクリスは「グランドピアノが大丈夫か心配になる」とコメントした。


5位:マカロニえんぴつ『ヤングアダルト』
マカロニえんぴつが所属する事務所・murffin discsを運営する株式会社エッグマンが、カフェ「WUCA TOKYO」をオープン。フロントマン・はっとりが1日店長を務めた。店頭に立ったり店の看板を磨いたりしたそうで、看板にノリで描いたヒヨコのキャラクターが、いつの間にかグラスやステッカーに使用された。はっとりは「フットワークの軽さに脱帽。商売上手な事務所だと改めて思いました」と語った。はっとりの1日店長の効果で、店には長蛇の列ができた。


4位:Katy Perry『Small Talk』
アメリカの人気司会者・エレン・デジェネレスの番組『The Ellen DeGeneres Show(エレンの部屋)」に出演したKatyは、長年の宿敵だったTaylor Swiftと仲直りした経緯を語った。KatyとTaylorの確執がとりざたされたのは5年前のこと。ツアーのバックダンサーを巡る争いや、John Mayerと交際していたことが原因とされていた。ファン同士でもいがみ合うようになってしまい、お互いに手本をみせるためにも、KatyはTaylorに許しを請い、きちんと話し合うことにしたという。Katyが、仲直りの象徴であるオリーブの枝を添えて、Taylorに心のこもった手紙を送り、それに感激したTaylorはKatyを自宅に招いた。そこでTaylorは、おいしいと評判の手作りクッキーをごちそうし、Taylorの『You Need To Calm Down』のミュージックビデオでハグし、仲直りを宣言。Katyは「私たちはとても共通点が多いのよ」とコメントしている。


3位:Tash Sultana『Free Mind』
オーストラリア・メルボルン出身の24歳シンガーソングライター・Tash Sultana。3歳の頃に、祖父にプレゼントされたギターを弾きはじめ、その後、ベース、トランペット、フルート、パーカッション、サックスなどを次々とマスター。Tashは、できる限りたくさんの楽器を弾けるようになりたいと思っていたそうだ。メルボルンでのバスキングやバンド活動を経て、自分の演奏をYouTubeに投稿するようになり、それが評判となってデビューにつながった。オーストラリアではすでに人気を獲得しており、現在はアメリカをツアー中で、さらなるブレイクを狙っている。Tashは、ノンバイナリージェンダー(男性でも女性でもない第3の性)であることを公表している。ノンバイナリージェンダーの英語での一人称は「She」や「He」ではなく「They」と表現する。


2位:米津玄師『馬と鹿』
『馬と鹿』は、企業のラグビーチームの奮闘を描いた大泉 洋主演ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS)の主題歌(9月15日に最終話が放送された)。原作は池井戸潤の同名小説だ。


1位:Post Malone『Circles』
Post Maloneが2連覇を達成! Post Maloneは、米・ユタ州のソルトレイクシティに新居を購入。人里離れた場所にある牧場で、価格は約3億3000万円。東京ドーム半分ほどの広大な敷地に、豪華な家を建てたという。美しい山々を見渡せる絶景の温水プール、ワインセラー、バスケットコート、ジム、地下には世界の終わりに備えたシェルターも完備している。レコーディングスタジオも作り、アルバム『Hollywood's Bleeding』はここで制作された。ソルトレイクシティに家を買った理由を「ロサンゼルスやハリウッドはバンパイアだらけだから」と語っている。


■今週のトップ10
1位:Post Malone『Circles』
2位:米津玄師『馬と鹿』
3位:Tash Sultana『Free Mind』
4位:Katy Perry『Small Talk』
5位:マカロニえんぴつ『ヤングアダルト』
6位:Official髭男dism『イエスタデイ』
7位:the engy『Still there?』
8位:大塚 愛『Chime』
9位:あいみょん『空の青さを知る人よ』
10位:TENDRE『VARIETY』

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/
Recommended by

News Ranking

Archive