NMB48の村瀬紗英、モーションキャプチャで踊ってみたら…?

『INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI』が9月28日(土)、29日(日)に開催される。9月23日(月・祝)にはイベントに向けて、特別番組『J-WAVE SPECIAL Denka INNOVATION 2.0』が放送された。ナビゲーターはサッシャと川田十夢の二人が務めた。


■モーションキャプチャを使った最新型パフォーマンス

AKB48は2日目のトリを務める。今回は、AKBの名曲をm-floの☆Taku Takahashiがリミックス。イノフェス選抜メンバーはそのサウンドに合わせて、モーションキャプチャを使用した最新型のパフォーマンスを生で披露する。

川田:モーションセンサーでダンスを撮るんです。
サッシャ:要するに、体にいくつもポイントみたいなものを付けて、その動きを解析するんですね?
川田:それによって人の動きそのもののデータを取ることができるんです。今回、サンプリングとして踊ってくれたのがNMB48の村瀬紗英さん。彼女が実際に踊った情報、データをいかに拡張するかという話になっています。当日それがものすごく広がりを見せます。


■NMB48村瀬紗英がモーションキャプチャを体験!

ここで、NMB48の村瀬紗英がモーションキャプチャを使って練習する様子が紹介された。

村瀬:今から(モーションキャプチャを)付けるんですけど、説明してもらってもいいですか?
担当者:はい。このPerception Neuron Proというのは、センサーが全部で17個あります。体の部位にそのセンサーを装着することによって、村瀬さんの動きをそのままモーションで撮るという機械になります。
村瀬:これをつけたら、この人形が(動く)?
担当者:そうです。村瀬さんにモーションキャプチャを付けさせていただいて、アニメのキャラクターに反映させるというものになります。
村瀬:では、実際に付けて踊ってみたいと思います!

まずは実際にモーションキャプチャを装着した感想を聞くと......。

村瀬:はい、実際に装着してみたんですけど、強くなった気分です。不思議な感じがします。これで人形が私と一緒の動きをするということで、すごく楽しみです。では、さっそく踊ってみたいと思います。



キャラクターに反映された動きを実際に見て、村瀬は次のようにコメントした。

村瀬:これ、私の動きですよね? あ、やってる。すごい! なんか不思議! 直角じゃなくてきれいに曲線まで再現されていて、(私が)間違えたところが申し訳ない、一緒に間違えてる(笑)。皆さん、当日楽しみにしていてくださいね。

『INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI』の詳細はオフィシャルサイトをチェック!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『Denka INNOVATION 2.0』
放送日時:9月23日(月・祝) 18時-20時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/holiday/20190923_sp/
Recommended by

News Ranking

Archive