今の時期に聴きたい、原田知世の楽曲は? DYGL・下中が考える「夏の終わりのプレイリスト」

2019年09月11日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR'S ROOM」。毎週火曜日はDYGLが登場。9月10日のオンエアでは、下中洋介(Gt)と秋山信樹(Vo/Gt)が「夏の終わりのプレイリスト」をテーマに盛り上がった。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月17日28時59分まで)

■夏の終わりを感じる3曲

9月に入り「夏が終わることがさみしい」としみじみ語る下中が、夏の終わりを感じさせる3曲をピックアップした。

・NTsKi『Labyrinth of Summer〜真夏のラビリンス〜』

下中:この曲は自分がギターを弾いています。NTsKiちゃんと一緒に遊んでいるときに「こういうギターを入れたいんだよね」と話をされて、「じゃあ、いいよ」って流れで。「ギターをやって」と言われた覚えはなくて、ノリで入れただけです。
秋山:気づいていたら弾いてた、みたいな。それ、職業病だな(笑)。これ全部弾いてるの?
下中:全部弾いてる。「裏打ちのギターを入れて、あとは適当にやって」って言われて「超自由だな」と思って(笑)。でも、「こういう感じ」って要望はちゃんともらえていたから、簡単にできた。曲名の『真夏のラビリンス』について訊いたら「夏は気持ちがスペシャルだから抜け出せない」「夏を引きずってしまう」みたいな意味らしくて。
秋山:夏の終わりに聴くの切ないね。
下中:そのうちNTsKiちゃんと一緒に作った曲を出そうともしているから、それも早く届けられたらなと思っています。

・Brenda Ray『Everyday Just Another Dream(Longer Version)』

下中:夏が暑かったので、冷ます感じで、いい力の抜け具合の曲を選びました。初期作品集みたいなのに入っている曲です。
秋山:いいね。
下中:アルバムを通して全部いいですね。

・原田知世『さよならを言いに』

下中:あえて日本の音楽を探そうとしたときに、どっかでこの曲を見つけました。この曲は鈴木慶一さんの作詞・作曲で、童謡とか民謡っぽい歌とレゲエのビートがよく合ってますよね。
秋山:めちゃめちゃいい曲だね。
下中:個人的には秋っぽい曲かな。このコーナーで夏が終わりました。
秋山:まじか(笑)。

「今年の夏にやり残したことある?」と秋山が訊くと、「もうちょっと海に入りたかったかな」と下中は夏の名残を惜しむ。今回、下中がセレクトした3曲を聴いて、夏の終わりを感じてみては?

J-WAVE『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR'S ROOM」では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語っている。放送は月曜~木曜の22時30分頃から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive