milet、男女デュエット曲の魅力を語る! おすすめ曲を紹介

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR'S ROOM」。毎週木曜日はmiletが影響を受けたカルチャーや音楽について語る。10月17日(木)は、miletが「マイ・フェイバリット男女デュオ」をテーマに選曲した。

この日は、MAN WITH A MISSION『Reiwa feat. milet』が初オンエアされた。そこで、miletは「男女ボーカルの新曲を出したということで」と、自身が好きな"男女デュオの曲"を紹介した。

・Tony Bennett & k.d.lang『Blue Velvet』

milet:Tony Bennettがもともと歌っていた曲なんですけど、この曲が収録されているアルバム『Duets II』では、Lady GagaとかAmy Winehouseとか、たくさんのアーティストとTony Bennettがデュエットしている曲が収録されています。若いアーティストとのコラボも活気があって、にじみでる勢いもあっていいんですけど、このk.d.langもいい。

k.d.langの歌声には、人生経験の積み重ねを感じられる表現があるのだという。

milet:彼女はカナダ出身のカントリーやポップスを歌うシンガーで、まだ57歳でお若いんですけど、それでも若いポップスアーティストとはちょっと違う、経てきた時間とかが歌声にも漏れている。若い女の子が歌う歌ではないじゃないですか? 頑張って歌う歌でもなくて、のびやかに、女性らしく、ちょっといたずらな、そんな歌声がぴったり合う曲だと思います。男性に「ついてらっしゃいよ」って言うような。

そんなk.d.langだからこそ、Tony Bennettのよさをさらに引き出しているのだとも語った。

milet:とってもナチュラルで、Tony Bennettの声もk.d.langの声につられてすごく柔らかく聴こえます。このTony Bennettの男らしさは、女性の声と重なると、さらにもっと甘く優しく聴こえる。違う人の声と重なって、改めてその人のよさも聴こえるっていうのがデュエットのいいところだと思います。

・Rihanna『Stay ft. Mikky Ekko』

milet:Mikky Ekkoは、この曲で初めて知りました。アメリカのシンガーソングライター、プロデューサーです。Rihannaもけっこう男性アーティストとコラボをしていて、EminemもそうだしNe-Yo、Drakeとかも。ラッパーはもちろん合いますけど、Rihannaの声も他にない珍しい声だし、そう考えると「コラボをする」っていうのはちょっと難しそうにも思えますよね。Rihannaの声質に相手の声がつぶされちゃうみたいな気がするんですけど、相手も個性的だとお互いが映えていいですよね、すごく魅力的に聴こえます。

miletは、曲が終わったあとの余韻を大切にしているとのことだ。

milet:私の好きなデュエットって、曲を聴き終わったときの「後味」が、ちゃんと2人の声で耳に残っている曲だなと思います。どちらも個性的な歌声だったり、歌い方だったりするときって、お互いを活かしあうっていうのが難しいと思うんです。それをうまく融合できて、さらに世界観も1つの曲の中にまとまったとき、すごく感動します。

男女の声、生き方の違いで世界観がより広がると、デュエットの魅力について熱く語ったmiletは、『Reiwa』をオンエアする直前に曲への思いや収録時のエピソードも披露。ぜひradikoでチェックしてみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月24日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive