Mega Shinnosuke、変わったアーティスト名だけど…実は本名だった!

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。12月2日(月)のオンエアでは、今話題のクリエイター・Mega Shinnosukeが登場した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月6日28時59分まで)


■現在19歳! 話題のクリエイター・Mega Shinnosukeとは?

Mega Shinnosukeは2000年生まれ、現在19歳という若さで、いま注目を集めるクリエイターだ。高校2年生のときに独学で音楽制作を始め、わずか2年でアイドルグループ・私立恵比寿中学へ楽曲を提供し、初EPを発表するなど、その才能を遺憾なく発揮している。J-WAVEが今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを厳選して紹介する「J-WAVE SONAR TRAX」で、17歳のときに作ったという『桃源郷とタクシー』がプッシュされたことも。

【関連記事】Mega Shinnosuke「自分の桃源郷を歩こうぜ」というメッセージ込めた楽曲

番組では、ローマ字表記で印象的なMega Shinnosukeという名前について触れた。

サッシャ:このMega Shinnosukeというのは、メガサイズですか?
Mega:いや、メガサイズではないです。ボチボチでかいくらい……175センチなんで(笑)。本名なんです。苗字がメガで、名前がシンノスケ。語感がめちゃくちゃいいなと思ってそのまま使いました。あと本名のほうが素直な感じがして、音楽に影響ないかなと思って。


■2ndEP『東京熱帯雨林気候』について

そんなMegaは、12月4日(水)に新しく2ndEP『東京熱帯雨林気候』をリリース。夏を思わせるタイトルだ。なぜ、この時期に発売したのか。

Mega:東京に来て初めての制作だったので、とりあえずEPを作りたいと思って、夏に制作してたんですよ。すごく暑くて、ジメジメしてたじゃないですか。それで「『東京熱帯雨林気候』だ! 思いついた!」と思って、その名前で出そうと思ってたんですけど、ズルズルと制作が長引きまして、冬に出ることになってしまったという……。

そして、オンエアで流れた収録曲『明日もこの世は回るから』についてもこう話した。

Mega:今19歳、このとき18歳なんですけど、10代の素直さを等身大で表せた曲かなと思っています。
サッシャ:自分が素直に感じたことを詩にするタイプですか?
Mega:そうですね。自分が歌う意味をすごく出さなきゃいけないと思っているので、自分が出せる言葉を最大限に伝えていきたいと思ってますね。

そのあともお笑い好きだというMegaのために、『STEP ONE』おすすめのお笑い芸人であるトンツカタン・森本晋太郎が登場して盛り上がった。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。次回もお聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone
Recommended by

News Ranking

Archive