Facebook Twitter LINE

AIの歌声に涙! 圧巻のステージを披露した「LIVE FOR THE NEXT」福岡公演【ライブレポート】

AI(撮影:Shinichi Hiwatashi)

全国のFM5局がコラボしてお届けする音楽イベント「JFL presents LIVE FOR THE NEXT」の福岡公演が、1月26日(日)にZepp Fukuokaで行われた。ここでは、そのライブの模様をレポートする。

CROSS FMの人気ナビゲーター・MASAKIの紹介で、この夜のオープニングアクトを務めたのはひらり。このライブのためにオーディションを勝ち抜いた彼女のしなやかな歌声が会場を包み込む。『恋桜』、『ラブソング』と2曲連続で披露したバラードで、愛する人への儚い思いを紡いだ。決して派手さはないが確実に聴く人の心に浸透していく。

「こんばんわ、ひらりです。楽しんでいますか?」というMCには若干の緊張感が漂っていたが、「バラードが続いたのでノリノリの曲で」とラストソング『晴れるや』につなぐ。それまではオケも使っていが、この曲はキーボードと彼女の声だけで表現。アップテンポなメロディに、詰めかけたオーディエンスから自然と手拍子がわき起こる。そんななか、楽しげに歌うひらり。しっとりと歌い上げるバラードもいいが、ポップな曲にも彼女のしなやかな歌声が合う。オープニングアクトという重責をしっかりと果たして彼女はステージを降りた。

続いてステージに姿を現したのはiri。彼女が1曲目に選んだのは『ナイトグルーヴ』。体に響く圧のドラムとベース、アクセント的に入るシンセサイザーのフレーズ。そして、彼女のロートーンボイス。印象的なフレーズのループが会場を満たしていくと同時に、圧倒的なグルーヴがそこに生まれ、オーディエンスの体が横に揺れていく。続く『半疑じゃない』では、詩的な美しさを持つ言葉を選びながらも、そこにはしっかりとしたメッセージを込めている。会場は完全に彼女の世界へと変わった。

iri撮影:Shinichi Hiwatashi

MCではこの日のメインアクトであるAIについて語る。実は彼女、初めて買った日本人女性シンガーのアルバムがAIであり、ライブの出待ちをしたこともあるという。「(憧れの人と同じステージに立つという)夢が叶った。特別な日になった」と感激した様子で、その気持ちを会場のファンに伝える。

iri撮影:Shinichi Hiwatashi

そして、1月22日にリリースされたばかりの『24-25』を含む3曲へ。今のリアルな葛藤を描いた『24-25』は、誰もが感じるようなもどかしさ、それを乗り越えるためのパワーに満ちている。2回目のMCを挟んで『Only One』、『rhythm』を歌い、今宵のバトンをメインアクトのAIへとつないだ。

バンドメンバーに続き、シンガー3人を従えていよいよAIが登場。2階席のオーディエンスも立って彼女を迎える。オープニング曲『Welcome To My City』から6曲連続でまさに一気呵成に会場をAIの世界へと引き込む。その間の『Killing Me Softly With His Song』では本場のシンガー顔負けの歌声を披露し、さらに『Billie Jean』ではムーンウォークなどのダンスでオーディエンスを盛り上げる。そのパワーたるや圧巻。

AI撮影:Shinichi Hiwatashi

MCで一息つきながらも、最前列にいた3人の子どもを持つというママをステージに上げて『ママへ』をプレゼントするサプライズへ。ステージ中央の椅子に座り、一時主役となったママは、AIたちから捧げられた歌声に涙する。その光景にオーディエンスももらい泣き。

そして、今年の「JFL presents FOR THE NEXT」のテーマソングである『Baby You Can Cry』を熱唱する。ゴスペルや愛するアーティストへのリスペクトを込め、安室奈美恵さんの『Baby Don’t Cry』をサンプリングしたAIの最新曲。友への思いや人とのつながりをAIらしい言葉で表現している。この曲から『LAST WORDS(最終宣告)』や『Wavin’ Flag』などの懐かしい曲、名曲『Story』、そして映画『AI崩壊』の主題歌であり最新シングルとなる『僕らを待つ場所』など8曲を怒涛の勢いで歌う。本編ラストは彼女の音楽への向き合い方を綴った『Music Is My Life』でステージを去る。

AI撮影:Kouji Oota

すぐさまアンコールの声がオーディエンスから上がる。アンコールの『VOICE』でバンドメンバーを紹介し、この夜を締めくくったのは「誰もがまだか?」と待っていた『ハピネス』。聴いた人の笑顔をつなぎ、優しい気持ちにさせてくれる。このイベントツアーにふさわしい曲を歌い、「ありがとう!」の言葉を残してAIはステージを降りた。

AI撮影:Shinichi Hiwatashi

3人のディーバがそれぞれのカラーで彩った今宵のステージ。音楽が、歌が持つパワー、そして時代を超えて伝えていきたいものを教えてくれたライブだった。「JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by 日本セーフティー」はこの後、大阪、名古屋、札幌と続き、東京でファイナルを迎える。AIをメインアクトにして作り出されるこの幸せな空間と時間を、ぜひ体験してほしい。

「JFL presents LIVE FOR THE NEXT」、大阪、愛知、北海道、東京公演のチケットは発売中

【開催概要】
タイトル:JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by 日本セーフティー
主催:JFL
特別協賛:日本セーフティー株式会社
公式サイト:https://www.forthenext.jp/

2019年、ロフトで最も売れたコスメTOP5! 2020年の最新コスメ事情も

J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「Woman.CHINTAI GIRL’S INFO COUNTER」。1月17日(金)のオンエアでは、「ロフト」のバイヤー、中川真理子さんが登場。毎月たくさんの新作が発表され、次々と新しい商品が話題となる「最新コスメ事情」を訊いた。


■ロフトで最も売れたコスメTOP5

リップやアイシャドウなどの定番アイテムからメンズコスメまで、幅広いコスメを取り扱うロフトのバイヤーである中川さん。2019年にロフトで最も売れたコスメを、ランキング形式で発表した。


【第5位】オペラ「リップティントN 05 コーラルピンク」(イミュ)

オペラ「リップティントN 05 コーラルピンク」(イミュ)
中川:「リップティント」という、唇の水分量に反応して色が人それぞれ変わるリップがあります。そのブームの火付け役になったような商品で、この05番の色が1番人気です。


【第4位】デュオ「ザ クレンジングバーム ホワイト」(プレミアアンチエイジング)

デュオ「ザ クレンジングバーム ホワイト」(プレミアアンチエイジング)
中川:クレンジングなんですが、バームのようになっています。最初は固形ですが、手のひらで伸ばすとトローっととろけるものが、特に人気です。


【第3位】毛穴撫子「お米のマスク」(石澤研究所)

毛穴撫子「お米のマスク」(石澤研究所)
渡部:かわいいパッケージですね。
中川:そうですね。キャラクターがパッケージに載っているんですが、国産のお米由来のライスセラムが配合されています。すごくしっとりすると、海外の方からも人気が高い商品です。


【第2位】ザ・プロダクト「ヘアワックス」(ココバイ)

ザ・プロダクト「ヘアワックス」(ココバイ)
中川:名前は「ヘアワックス」なんですが、マルチに使えるバームタイプです。髪の毛だけではなく、そのまま手の平や甲、指先、あとは「足が乾燥しているな」といった、気になったところにそのまま塗れて、全身に使えます。
渡部:これを1個持っているだけで、荷物が減りますね。
中川:持ち運びをされる方も、とても多いです。


【第1位】ラ ロッシュ ポゼ「UVイデアXLプロテクショントーンアップ」(日本ロレアル)

ラ ロッシュ ポゼ「UVイデアXLプロテクショントーンアップ」(日本ロレアル)
渡部:日焼け止めの乳液?
中川:普通は白かったり透明だったりしますが、これを塗ると肌の色がトーンアップして、少しきれいに見せてくれます。敏感肌の方でもお使いいただけますので、とても人気があります。
渡部:これは化粧下地にもなる?
中川:そうです。
渡部:めちゃくちゃ便利ですね。
中川:これ1本で外に出かける方もいらっしゃいます。


■2020年“注目コスメ”は?

2020年“注目コスメ”を訊いたところ、新たな傾向がわかってきた。

・メンズの身だしなみに「ジェンダーレスコスメ」

中川:メンズコスメやメンズの身だしなみに関わる「ジェンダーレスコスメ」というものがおすすめです。
渡部:具体的にはどういったものがありますか?
中川:メンズコスメで「LIPPS BOY」というブランドがあります。そちらからファンデーションやBBジェル、ちょっと色がつくリップバーム、というものが、男性向けで登場しています。
渡部:ターゲットは何歳ぐらいなんですか?
中川:20代が中心ですが、10代後半の若い方や30代もです。


・男性向けの日焼け止め対策

中川:メンズのものですと日焼け止めも人気ですが、今年はアームカバーやメンズのハットというのも専用で出てきています。
渡部:UV対策のものですか?
中川:そうです。
渡部:アームカバーも! みんな夏場は腕も焼きたくないんだ。
中川:運転をしているときに焼けたりして、シミになったり荒れたりする方もいらっしゃいますので。

・カップルで使えるアイテム

中川:ジェンダーレスコスメで「LAKA」という、韓国発のニュートラルメイクブランドがあります。こちらは男女問わずなので、カップルで兼用できます。アイシャドウとチーク、リップがあります。特に兼用でなくてもいいのですが、オレンジっぽい肌馴染みのいい色をチークとして使って出かけるというのも新しいスタイルかなと思います。
渡部:「LAKA」のイメージポスターは、彼氏と彼女のメイクが同じ感じなんですね。


・著名人がプロデュースしたコスメも人気

中川:インフルエンサーやメイクアップアーティストといった、著名人がプロデュースしたコスメが、今年はもっとたくさん出てくるかなと思います。
渡部:たとえば、どういったものですか?
中川:「B IDOL」というブランドがありまして、こちらはYouTuberとしても活躍されているNMB48の吉田朱里さんがプロデュースしたリップで、ファンの方以外にも人気が出ています。メイクアップアーティストのイガリシノブさんが監修している「WHOMEE」、河北裕介が監修する「&be」が、信頼がおけるということで人気です。

この投稿をInstagramで見る

\本日発売/ B IDOL つやぷるリップ新色3色! 既存カラーとあわせて、全7色になりました。   【既存色】 01 ずるいPINK 02 あざとORANGE 03 こなれBEIGE 04 ほっとかないでRED  【新色】 05 やきもちPINK 06 きまぐれBROWN 07 束縛RED   これがわたしの、 “かわいい”の、どまんなか。   B IDOL つやぷるリップ ¥1,400(+tax)   イオン、アインズ&トルペ、 PLAZA、ロフト、東急ハンズ、 アットコスメ、他一部バラエティショップ、 B IDOL公式オンラインショップにて販売   #bidol #ビーアイドル #つやぷるリップ #吉田朱里 #アカリン

B IDOL(@bidol_official)がシェアした投稿 -




ロフトでは、年に2回「コスメフェスティバル」という新作コスメを集めたイベントを開催。今年の3月にも実施予定なので要チェックだ。

『GOLD RUSH』のワンコーナー「Woman.CHINTAI GIRL’S INFO COUNTER」では、女性に役立つ、使える情報をチェック。放送は毎週金曜日の18時10分ごろから。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

大倉眞一郎、最近の映画館マナーにもの申す!「上映中にスマホであらすじを…」

J-WAVEで放送中の番組『BKBK(ブクブク)』(ナビゲーター:大倉眞一郎、原カントくん)。本や映画に詳しい大倉眞一郎と、複数のメディアに携わる編集者・プロデューサーの原カントくんが、大人が興味を惹かれるモノについて縦横無尽に語り合う。

1月21日(火)のオンエアでは、原がNetflixの犯罪ノンフィクションドキュメンタリー『コンフェッション・キラー: 疑惑の自供』を紹介。大倉は映画館のマナーについて物申した。

■アメリカ史上最悪の連続殺人鬼と呼ばれた男の意外な真実

まず原は、Netflixの犯罪ノンフィクションドキュメンタリー『コンフェッション・キラー: 疑惑の自供』を紹介。同作は、アメリカ史上最悪の連続殺人鬼といわれたヘンリー・リー・ルーカスの真実に迫った物語。一説によると、ルーカスは映画『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター博士のモデルの1人とも言われている。

:ルーカスは、今まで殺人を犯したとされる数が300人を超え、当初は3000人を殺したと自供していたそうなんです。この作品は最初、彼がある2人の女性を殺したと嫌疑にかけられてテキサス州で捕まり、殺人事件の容疑者として公判が行われるんですけど、その公判の最後にルーカスが「裁判長、私が殺した、あと100人の女性はいつ話せばいいですか?」と急に切り出すんです。

ルーカスの自供により、裁判は大荒れ。全米のマスコミで注目を一気に集め大騒動となったという。

:当時、テキサス州で未解決だった事件をルーカスに提示すると、「この事件も僕です」「これも僕がやりました」と自供して、一気に150件くらいの事件がルーカスの仕業だったと判明するんです。
大倉:すごい話だね。
:それを知ったテキサス州以外の警察も、まさかと思って未解決事件をルーカスに提示したら、いつの間にか彼は360件の犯罪を自供していたんです。

しかし、遺族たちはルーカスの供述には矛盾があると言い始める。

:遺族が「ルーカスは家の窓から忍び込んだと言っているけど、当時家の窓には家具が打ち付けられていて、とても窓から侵入できる様子ではなかった」とか「ルーカスが自供している全ての殺人を行おうとすると、プライベートジェット機がないとほとんど無理だ」と。そこである検事(と1人の記者)が「この自供はおかしい」と、テキサス警備隊の捜査に疑問を持ち始めるんです。
大倉:自供第一主義で進めたからおかしくなっちゃったわけだ。
:でも、テキサス警備隊はアメリカ最古の州法執行機関で、『テキサス・レンジャー』という映画になるくらいアメリカ人が誇りを持っている警察隊らしいんです。そんな彼らは絶対に自分たちのミスを認めることがなくて、いつの間にか検事とテキサス警備隊との戦いになっていくんです。

検事はテキサス警備隊の捜査を糾弾する反面、テキサス警備隊は地元のテレビチャンネルを使い、その検事のスキャンダルなどを流し始め、お互いの誹謗中傷合戦となっていく。

:最終的に検事は賄賂の疑いで捕まってしまいます。
大倉:恐ろしい。
:結局、その検事は無罪放免になるけど、世間の印象は悪くなって失職してしまうんです。

原は、ルーカスの生い立ちが気になって調べてみたそうだ。ルーカスは、母親から虐待を受けていて、その母親を殺した過去があったと話す。

:ルーカスは昔から一度も褒められたことがない人間だったために、ひとつ自供をして人から「認めてくれた。ありがとう」と言われるとうれしくなって、いろいろな事件について「自分がやった」と言っていた。また、テキサス警備隊の本官と信頼関係が生まれて、「彼のために全てを認める」となっていたらしいです。途中、ルーカスは「供述は全部デタラメでした」と言い出して、最終的には終審しないまま亡くなってしまうんです。

この作品には続きがあり、当時にはなかった事件のDNA鑑定を行ったところ、ルーカスが自供した殺人のうち、少なくとも20件は別の犯人によるものだったことが判明した。

:ルーカスは犯人しか知り得ない情報を知っていたためにテキサス警備隊から犯人とされていたんですけど、どうやらテキサス警備隊が彼に情報を入れていたようで、彼は自分のやっていない犯罪を自分のこととして自供していました。
大倉:誘導尋問的なことだったのかな。
:ただ、それに携わった警察官ももう亡くなっているんです。だから、このドキュメンタリーはどよんとしたところで終わるんですけど、マスコミや世論の勢い、警官にとってみれば未解決事件が片づくし手柄にもなるということなど、いろいろと恐ろしさを教えてくれる作品ですね。


■映画上映中にスマホであらすじを確認!?

一方の大倉は、最近の映画館のマナーについて語った。

大倉:日本は映画離れ、映画館離れが進んでいると言われていますよね。ミニシアターは相当経営が難しくなっているとも聞きます。でも、実は2019年の映画興行収入総額は過去最高なんです。
:あら、なぜだろう……。
大倉:『天気の子』とか『アラジン』とか『トイ・ストーリー4』とかがヒットしたとか。映画を観なくなったと言われる一方で、こういう記録的な面がある。ただし、観られる作品が極端に偏っているところはあるみたいです。

大倉が読んだ記事によると、映画館から足が遠のいた理由として「料金が高くなったから」と話す人がいたそうだ。

大倉:驚いたんだけど、もうひとつの理由として「集中力が持たない」とあったんです。
:それわかる気がします。先日、新宿の映画館に行ったら、カップルが上映中に携帯を取りだして、映画のあらすじを検索し始めていましたよ。
大倉:とても2時間は耐えられず、映画上映中にスマホいじりをする若者がすごく増えているみたいなんです。最近の若者はついラインとかをチェックしてしまうようで、スマホがないと不安になってしまうと。(原)カントくんの言ったとおりスマホを片手にウィキペディアでストーリーや登場人物を確認したりしながら映画を観ている人たちがかなりいるみたいなんです。
:もはや画期的ですよね(笑)。
大倉:それ絶対にやっちゃダメだよね。彼らは「スマホの画面を一番暗くしているから大丈夫」って言っているけど、それでも明るいんだよ。
:他にもスクリーンをスマホで撮影している人もいましたからね。
大倉:それもダメなんだって。

語気を強める大倉だが、自分も自宅で録画したドラマを観ながらメールをチェックしていることに気がついたようで……。

大倉:俺も同じようなことをしてるなって。
:家だとそうしたくなる気持ちはわかりますよ。突然、映画を観ながら調べものをしたくなることはあるじゃないですか。でも映画館だと我慢するのが僕らの世代のセオリーだけど、今の若者たちは検索できてしまう世代だから我慢できないんでしょうね。
大倉:困ったな……。
:新しいマナーが作られようとしているかもしれないですね。昔は映画館でタバコを吸うことも当たり前でしたからね。でも、それが今や考えられなくなったように、いつの間にか映画上映中にスマホを見ることがスタンダードになる時代が来るかもしれないですよね。
大倉:嫌だな。俺は絶対に抵抗しよう。

果たして、スマホを片手に映画を観る時代は来るのか。変わりゆく映画館のマナーについて、ついつい熱くなる2人だった。

J-WAVE『BKBK』は、本、旅、映画、音楽など、大人たちが興味を惹かれるものについて大倉眞一郎と原カントくんが語り合う。放送は火曜の26時30分から。お聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『BKBK』
放送日時:毎週火曜 26時30分-27時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/bkbk/

「SONAR TRAX」で1年前にピックアップした楽曲を振り返る! Toro y Moiの『Ordinary Pleasure』

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVE がプッシュしている楽曲の中から、毎日1曲をピックアップして掘り下げている。

1月23日(木)のオンエアでは、特別企画をお届け。「あの頃のSONAR TRAX」と題して、1年前の「J-WAVE SONAR TRAX」を振り返り、どんな曲がSONAR TRAXになっていたのか。そのアーティストたちは今、どうなっているのかを掘り下げた。今回は、2019年1月のSONAR TRAXからToro y Moi(トロ・イ・モワ)の『Ordinary Pleasure』改めてピックアップした。


■2019年には、日本で初となる個展を開催

Toro y Moi(トロ・イ・モワ)は、サウスカロライナ州出身。現在はカリフォルニア在住のチャズ・ベアーによるソロプロジェクト。昨年1月、アルバム『アウター・ピース』から『Ordinary Pleasure』がSONAR TRAXに選ばれた。夏にはフジロックにも出演し、さらに話題を集めた。夏以降は、最新ミックステープ『Soul Trash』をリリースしたり、ミネラルウォーターとコラボしたEPをサプライズリリースしたりするなど、精力的な活動を展開している。

さらに、トロ・イ・モワことチャズ・ベアーは、グラフィックデザイナーとしての顔も持っており、現在スニーカーブランドのVansとコラボして、「彼のデザインを自分の好きなVansスニーカーにプリントできる」という企画を行っている。残念ながら、この企画はアメリカだけのようだ。

フジロック直前にも日本で初となる個展を開いていて、そちらも話題になった。インタビューで、「僕のお気に入りの日は、1日の中で音楽とペインティング、両方ができる日だよ」と話していた。



そんなトロ・イ・モアについてあっこゴリラは「私が知ったのは7、8年くらい前で、ホステスクラブで見たのかな。かっこいい~と思って、YouTubeで検索したら『Say That』っていうMVが出てきて、曲もかっこいいし映像もかっこよくて中毒性があって、何回も何回も見ちゃって。それであのグレープフルーツを食べてる口がドアップのジャケの『アンダーニース・ザ・パイン』をめちゃくちゃ聴いて。去年、フジロックでもライブ観たんですけど、たまんないよね! トロ・イ・モアは、SONARリスナーはみんな好きでしょ」と語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

偉大なポップバンドを目指す、UKマンチェスター出身のロックバンド・BLOSSOMS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。1月22日(水)のオンエアでは、BLOSSOMSの『The Keeper』をピックアップ!


■マンチェスターの南部に位置するストックポート出身

イギリスのロックバンド・BLOSSOMS。メンバーは、トム・オグデン(Vo.)、ジョー・ドノヴァン(Dr.)、チャーリー・ソルト(Ba.)、ジョシュ・デューハースト(Gt.)、マイルス・ケロック(Key.)の5人。1月31日に、3枚目のフルアルバム『Foolish Loving Spaces』をリリースする。その収録曲『The Keeper』が、J-WAVE SONAR TRAXに選出された。

BLOSSOMSの結成は2013年。マンチェスターの南部・ストックポート出身で、メンバーの年齢はバラバラながら、全員同じ病院で生まれた。バンド名は、ストックポートにあるパブの名前から付けられた。偉大なポップバンドになることを目指しており、同じマンチェスター出身のオアシスやザ・ストーン・ローゼズなどのバンドはもちろん、ABBAなどのポップスからも影響を受けている。


■デビューアルバムが全英アルバムチャートで2週連続1位

BLOSSOMSは、2015年から2016年はじめにかけて、3作のEPを立て続けにリリース。すると、その作品がザ・ストーン・ローゼズのフロントマン、イアン・ブラウンの目に留まり、ザ・ストーン・ローゼズのサポートアクトに抜擢。そして、2016年にデビューアルバムがリリースされると、なんとその作品が全英アルバムチャートで2週連続1位を獲得。

当時、イギリスでは「ギターロックやバンドは冬の時代」と言われるほど、ロックが厳しい時期だった。それにも関わらず、全英1位を獲り、ツアーもソールドアウト。NMEの表紙も飾り、“今年最大のギターポップスター”と言わしめた彼らのアルバムは、その年のブリットアワードとマーキュリープライズにノミネートされ、「BBC SOUND OF 2016」では4位に選ばれた。


■今では彼らに憧れてバンドを始めるミュージシャンも

2018年には、セカンドアルバム『COOL LIKE YOU』をリリース。その先行シングルとして公開された『here's A Reason Why (I Never Returned Your Calls)』のミュージック・ビデオは、東京で撮影されたものだ。



BLOOSOMSは2015年、日本のみ6曲入りミニアルバム『Extendeadly Played』をリリース。来日公演を行ったり、翌年にはSOMMER SONICに出演したりと、早くから日本でも注目されていた。彼らは初めて日本に来たときから日本を気に入っていたようで、どこか海外でMVを撮影するなら、「絶対に東京!」と考えていたそう。

そして2019年、3枚目となるニューアルバム『Foolish Loving Spaces』のリリースを発表。その先行シングルとしてリリースされたのが、SONAR TRAXに選ばれた『The Keeper』だ。



この曲も収録されたBLOSSOMSの3rdアルバム『Foolish Loving Spaces』は、1月31日(金)にリリースされる。元々は、ザ・ストーン・ローゼズやオアシスに憧れてミュージシャンになったBLOSSOMS。今では彼らに憧れてバンドを始めるミュージシャンも多いようだ。今後のさらなる活躍に注目したい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

オリジナル調味料で「味変」 アンジャッシュ・渡部も絶賛するカツレツ専門店

J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「HUNGRY OUT」。1月24日(金)のオンエアでは、濡らして食べる新感覚のカツレツ専門店を紹介した。


■平民=ドイツ産白豚ロース肉、貴族=国産ヒレ肉

スタジオに招いたのは、2019年1月に富ヶ谷にオープンした「貴族と平民」のオーナー・佐藤幸二さん。佐藤さんは以前、同じく富ヶ谷にある「おそうざいと煎餅もんじゃ さとう」のオーナーとして番組に出演した。佐藤さんはほかにも、ポルトガル料理の「クリスチアノ」やエッグタルトが有名な「ナタ・デ・クリスチアノ」など、数々の人気店を手掛けている。「貴族と平民」は7店舗目の出店となる。

渡部:実は僕もお店に行ったことがあるんです。そもそも、なぜカツレツのお店を?
佐藤:前にヨーロッパで働いていたときに、子どもが大好きな料理として薄焼きのカツレツがあって、それがすごく好きでした。日本にはあまり(カツレツのお店が)ないので、やりたいと考えていました。
渡部:店名の由来は?
佐藤:2種類の豚を使って差をつけようと思っていました。「金持ちと貧乏」とかにしようと思ったんですけど、性格が悪いように見られそうだったので、中世の名前を借りて付けました。

平民はドイツ産白豚ロース肉、貴族は国産ヒレ肉のことだという。

新感覚のカツレツ専門店

■オリジナル調味料で“味変”できるカツレツ

「貴族と平民」のカツレツは、揚げたあとに沸騰させたスープにくぐらせてから提供される。このスープがポイントで、濡らしてもカツレツが湿気ることなく、カリっとした状態で楽しむことができる。佐藤さんによると、ついてくるバターソースをたっぷりかけて、レモンを絞って食べるのがおすすめだそうだ。

気になるカツレツを渡部が実際に試食した。

渡部:ん~、サックサク。この薄さが食べやすくていいですよね。以前より、かなり味を改良したそうですね。
佐藤:バター液、パン粉、肉の部位、ソース、ご飯の炊き方、ぜんぶ変えました。
渡部:じゃあ、僕が行ったときの店とは違う店に?
佐藤:違う店ですね。
渡部:前回食べたときはイベリコ豚でしたよね。
佐藤:イベリコは格上げして王族という名前になっています。1日数枚だけやっています。

「貴族と平民」では好みで味変できるように、卓上にオリジナル調味料が7種類用意されている。オンエアでは、「ソルティヨーグルト」という塩とヨーグルトとニンニクで作ったソースと、黒酢と黒コショウで作ったソースの2種類をかけたカツレツを渡部が実食した。

渡部:ちょっとすっぱいソースですね。めちゃくちゃおいしいです。いろいろ組み合わせてオリジナルで楽しめますね。この薄さだとペロっといけちゃいます。

新感覚のカツレツ専門店
ソースでカツレツに絵を描くのも楽しみ方のひとつ。注文時に伝えれば、スープにくぐらせずに濡らさない状態で提供してもらうことも可能だ。子連れに嬉しいキッズスペースもあるので、「貴族と平民」のユニークなカツレツをぜひ食べてみてほしい。

新感覚のカツレツ専門店
新感覚のカツレツ専門店
『GOLD RUSH』のワンコーナー「HUNGRY OUT」では、今が旬の食材、旬のお店に注目をしてご紹介。放送は毎週金曜の17時15分頃から。お聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】2020年1月31日28時59分まで
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

乃木坂46・齋藤飛鳥「街もキレイだし人も優しかった」 日本で一番おすすめの場所は…

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーだ。1月25日(土)のオンエアでは、日本のおすすめスポットを伝えるときの英会話を学んだ。


■服を選ぶときの基準は?

齋藤からのあいさつ「Are you up? Are you really?」(起きた? 本当に?)でスタート。まずは、リスナーからのメッセージを紹介した。

「服や靴を見るのが好きで、毎シーズン好きなブランドから出る服を見て、お金を貯めるためにバイトを頑張っています。でも最近は、好きなブランドやほしい服が増えて、何を買おうか悩んでばかりの毎日です。お二人は、迷ったときにどんな基準で服を選んでいますか?」

ハリー:素晴らしく美しくてかっこいい服でも、個性がありすぎて何回も着れるかわからない服ってあるじゃないですか。
齋藤:ありますね。
ハリー:そういうことを考えると、使いやすい超万能なリラックスパンツを選んだり、僕はたまにそういうことを考えちゃうんですよね。飛鳥ちゃんはどうですか?
齋藤:私もそうかもしれないです。人とかぶらないちょっと個性的な服ももちろん大好きなので買いますけど、それはワンシーズンに一着くらい。わりとしっかり悩んで決めます。それ以外は、そのときの仕事次第で「どういう服を着て行ったほうが楽なのか」とか「今日は着替えが多い仕事だから」とか、そういうことを考えてラクチンな服を選びますね。
ハリー:すごく重要なキーワード「ラクチン」。
齋藤:ラクチンが一番ですね、やっぱり。
ハリー:着替えることが多いお仕事だし、移動のときとかロケバスで寝るのが意外と難しいし。僕は20代の頃、超絶スキニーパンツが好きだったんですけど、動けなくなっちゃうからスキニーとか履かないし、飛鳥ちゃんもそういうところがあったりするんですね。
齋藤:そうですね。
ハリー:「迷ったときにはどんな基準で服を選びますか?」という質問ですが、ラクチンがプライオリティ。
齋藤:私も最近はラクチンが大事かも。あとはアクセサリーとかで気をつかえばいいんじゃないですかね。
ハリー:バイトで頑張ってお金を貯めてるんだからさ。
齋藤:いいですね。頑張って貯めて買うんですね。
ハリー:買う服が決まったときに写真を送ってくれたらうれしいな。
齋藤:いいですね! 見たいです。


■英語で「浅草」を紹介してみよう!

コーナー後半では、日本のおすすめスポットを伝えるときの英会話を学んだ。今回は、日本の観光地として人気が高い「浅草」を紹介する。

まずは「Have you been to Sensoji in Asakusa?」(浅草寺に行ったことはありますか?)と相手に訊いてみよう。「Have you been to ~」は、どんな場所へ行ったかを尋ねるときに非常に便利なフレーズだ。

もし相手から「浅草寺はどんなところですか?」と訊かれたら、「It's a temple. They got a massive red lanthanum and it's impressive.」(浅草寺はお寺で、大きな赤い提灯が印象的です)と説明できる。「massive」は「めっちゃでかい」「すごい」というカジュアルなニュアンスを含む言葉だと、ハリーが解説した。「massive」は人に対して使うこともでき、「He's massive.」(彼はすごい人だ)「Nogizaka46 is massive.」(乃木坂46はすごい)などで活用できる。

浅草寺については「Lots of tourists and definitely a photo spot. You can get many presents too in Sensoji. So many shops.」(観光客がたくさんいて、写真映えするスポットです。浅草寺には多くのお店があるので、お土産もたくさん買えます)と説明することも可能。ほかにも「Also, TOKYO SKYTREE is nearby. It's the highest tower in Japan.」(日本で一番高い東京スカイツリーも近くにあります)とおすすめできる。


■習った英語を使って実践!

ハリーが街ゆく外国人、齋藤が街頭インタビューをする人という設定で、習った英語を使って実践した。

齋藤:Hey, I like your eyeballs. (こんにちは。あなたの目玉、素敵ですね)
ハリー:Really? Thank you so much. I like my eyeballs too, thank you. (ほんと? ありがとうございます。僕も自分の目玉が好きなんです)
齋藤:I'm doing interviews for a Japanese radio station. (私は日本のラジオ局のためにインタビューをしているんですけど)
ハリー:Alright. (そうなんですね)
齋藤:Interview ok? (インタビューしてもいいですか?)
ハリー:Good, ok. (いいですよ)
齋藤:What's your name? (お名前は?)
ハリー:Harry. (ハリー)
齋藤:Where are you from? (出身はどこですか?)
ハリー:I’m from Glastonbury in England. Can I ask you a question? What do you recommend about Tokyo? (イギリスのグラストンベリー出身です。質問してもいいですか? 東京で何かおすすめはありますか?)
齋藤:Have you been to Sensoji in Asakusa? (浅草寺に行ったことはありますか?)
ハリー:No, what is it? What's it like? Is it like a temple? (いいえ、それはなんですか? どんなとこですか? お寺?)
齋藤:Yes, a temple. They got a massive red lanthanum and it's impressive. (そうです、お寺です。大きな赤い提灯が印象的です)
ハリー:Really? Great. I think I saw it in a guidebook. (ほんと? 素敵ですね。そういえばガイドブックで見たことがあるかもしれません)
齋藤:Lots of tourists and definitely a photo spot. You can get many presents too in Sensoji. So many shops. (観光客がたくさんいて、写真映えするスポットです。浅草寺には多くのお店があるので、お土産もたくさん買えます)
ハリー:That's fantastic. (すばらしいですね)
齋藤:Also, TOKYO SKYTREE is nearby. It’s the highest tower in Japan. (日本で一番高い東京スカイツリーも近くにあります)
ハリー:That’s amazing. Do they sell eyeballs in TOKYO SKYTREE? (いいですね。スカイツリーに目玉は売っていますか?)

最初の齋藤の声かけに対して「『目玉が好き』って変態だと思われますよ」とハリーがツッコミを入れると、齋藤は「『目がキレイ』とか言うじゃないですか」と弁解した。最後に齋藤が、日本でおすすめの場所を紹介した。

齋藤:超個人的にですけど、金沢が好きなので金沢をおすすめしたいです。
ハリー:なぜ金沢?
齋藤:私が初めて一人旅をしたからです。
ハリー:へえ、そうなんだ! 一人でお寿司屋さんに行ったり?
齋藤:行きました、行きました。
ハリー:金沢のお寿司屋さん、人生で一回は行ってみたいんだよなあ。
齋藤:めっちゃおいしかったです。街もキレイだし人も優しかったし。
ハリー:だとしたら「I love Kanazawa. So beautiful. I went there for the first time on my own.」(私は美しい金沢が大好きです。初めての一人旅で金沢へ行きました)。 Asuka, have you got any recommendations in Japan? (飛鳥ちゃん、日本でおすすめの場所はありますか?)
齋藤:I love Kanazawa, so beautiful. I went there for the first time on my own.
ハリー:Great! めっちゃ話が広がりますよ。具体的に「金沢のこういうところが好きだった」ってところを英訳して覚えていただきたいです。
齋藤:はい!

ハリー杉山が先生になって、乃木坂46・齋藤飛鳥にイチから英語をレッスンする『POP OF THE WORLD』のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」は毎週土曜日の7時5分ごろからオンエア。次回もお楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月31日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/popworld

News Ranking

Archive