『おっさんずラブ-in the sky-』緋夏役を演じた佐津川愛美、プライベートの変わった習慣を明かす

J-WAVEで放送中の番組『ALL GOOD FRIDAY』(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉 友)のワンコーナー「CITIZEN NEW TIME FOR YOU」。1月3日(金)のオンエアでは、女優・佐津川愛美がゲストに登場。3月6日(金)からはじまる舞台や、プライベートについて語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月10日28時59分まで)


■朗読で心が開放される…3月から舞台に出演

最近では、『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)で橘 緋夏役を演じて話題となった佐津川。14歳でスカウトされ芸能界に入ってから、女優としてドラマ・舞台・映画などに出演するだけでなく、自らが監督となり短編映画を撮影するなどさまざまな分野で活躍中だ。

【関連記事】佐津川愛美×千葉雄大が「30歳トーク」で盛り上がる! 今の自分が超えるべき壁は



3月6日(金)からは『この声をきみに~もう一つの物語~』にも出演する。佐津川が同舞台の魅力について語った。

佐津川:この舞台は2017年に放送されたテレビドラマ『この声をきみに』(NHK総合)をもとに、新たなエピソードと登場人物を加えた“舞台版オリジナル作品”です。とある朗読教室にさまざまな人たちが集まって、声で心を解放し、人との交わりを丁寧に描いていきます。心が温まる、ちょっと変わった大人のラブストーリーです。今回、私は朗読教室の先生を演じています。(教室には)朗読が好きという共通点で集まった、いろんな生徒さんがいるんですね。年齢や環境がバラバラですし、普段の生活では会わないような人たちが、1つの教室に集まっています。私は自信を持って「好きです」って言えるようなものがなかったんですけど、大人になってから「好きで楽しければいいな」って思えるようになって。それからは、これが好きとかあれが好きって言えるようになりました。舞台では“朗読”が好きなものになるんですけど、好きなものが言い合える仲間がいるのはいいなって思います。どんな物語が繰り広げられるのか、とっても楽しみにしております。

佐津川愛美


■映画館と洗濯が大好き

続けて、佐津川は自身のプライベートについてトーク。映画館がお気に入りのスポットなのだとか。

佐津川:私の好きなものは、映画館です。映画を観るのが好きなんですが、すべてを映画館で観ているんですね。自宅では、ひとりで映画を観ることはないです。映画館って、知らない人たちと一緒の作品を観て、同じ空気を体感するじゃないですか。そういうのが好きなんだと思います。ひとりが好きなんだけど、“ひとり過ぎる”のは好きじゃないというか(笑)。他人である誰かと一緒にいることが好きなのかな。撮影で地方に行かせていただくことがよくあるので、地方ロケにいくたびに映画館は調べています。海外でも、映画館は探してしまいますね。

佐津川愛美

最後に、同コーナーのテーマである「ソーシャルグッドな活動」について話した。

佐津川:私は洗濯が好きです。洗剤は、地球に優しいものを使用しています。そのほうがいいかな、と思って。番組スタッフの方と洗濯の話をしていたのですが、私は干す前に洗濯物を一度たたむんですね。たたんで、積んで、シワを伸ばしてから干すのが好きなんです。それが当たり前だと思っていたんですけど、「それって珍しいよ」って、31年間生きてきてはじめて言われて(笑)。「そうだったんだ!」って、今ビックリしています。よろしければやってみてください(笑)。

『ALL GOOD FRIDAY』のワンコーナー「CITIZEN NEW TIME FOR YOU」では、さまざまなゲストが「ソーシャルグッドな活動」について語る。放送は毎週金曜の14時40分から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月10日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ALL GOOD FRIDAY』
放送日時:毎週金曜 11時30分-16時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/
Recommended by

News Ranking

Archive