28歳でデビューした加治ひとみ、芸能界に進むきっかけは「恋人からのプロポーズへの違和感」

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー、「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。5週に渡りモデル・歌手の加治ひとみさんに話を訊く。最終回となるこの日は、歌手としての活動に、別所哲也が迫った。

【1月30日(木)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」】


■「このまま結婚したら後悔するんじゃないか」

同世代の女性に憧れられる美しいスタイル「かぢボディ」「かぢヒップ」で注目を集める加治ひとみさんは、1987年生まれの現在32歳。28歳で歌手としてデビューするまでは会社員として働いていたのだという。

別所:デビューのきっかけは何ですか?
加治:26歳のときに東京ガールズコレクションというショーのアーティスト部門のオーディションに応募してグランプリを受賞させていただいて、そこからデビューをしました。
別所:じゃあ会社員をしながらだけど、26歳くらいから(デビューを)考え始めてたってこと?
加治:そうですね。27歳になる年だったので、その1年の間にオーディションを受けたり、音楽の制作をしたりだとか……。
別所:もともと音楽は何かやっていたんですか? 楽器を勉強してたとか……。
加治:母親がピアノの先生だったので、少し携わっていたのと、文や言葉が好きで毎日16歳くらいから日記を書いているんですよね。
別所:それが歌詞に反映されたりとか?
加治:そうですね、だいたいそこから書いてます。
別所:オーディションを受けたわけだから、(歌手に)なりたい気持ちが昔からあったんじゃないんですか?
加治:でも私、なりたいきっかけがちょっと変わっていて。25、6歳のときにお付き合いしている人に結婚しようという話をいただいたんですけど、人生何かやりきってないぞと思って。このまま結婚したら後悔するんじゃないかってところがスタートなんですよね。
別所:それがこの、歌うことだったり表現することだったり。
加治:そうなんです。何か、ってときにオーディションに出会って、私にとって財産はやっぱり日記だったのでそれを音楽にのせて歌うことだと思いました。歌のレッスンはしていたので、いけるかもしれないとちょっと結婚をお断りし(笑)、オーディションを受け、デビューできましたね。


■不自由の中から生まれるメッセージもある

言葉が好きで10代から日記を書き続けているという加治さん。気になる日記の内容を語った。

加治:若いときは、恋愛が女の子のテーマじゃないですか。でも私は16、7歳のとき実家が厳しくて門限が夕方の16時だったので、耐えられない!ってなってしまい、窮屈な今のこの感じ、とか学校の屋上、というのを書いていましたね。
別所:やっぱりそう考えると、何かに束縛されるなかから生まれてくるクリエイティブもあるんだよね。
加治:不自由の中にそういうものがあったり、不自由さがあるから自由を感じられるし、そういう経験は大事だったのかなって振り返ると今はそう思います(笑)。


■最新曲に込められた思い

歌手・加治ひとみの活動に迫った今回は、2018年7月にリリースした『My perfect sky(配信限定シングル)』も紹介。



別所:(『My perfect sky』は)どういったときにできあがった曲なんでしょう?
加治:夏にリリースさせていただいた曲なので、歌詞には夏を連想させるワードが割とでてきます。夏は毎年来るけど、私はどの夏も一生に一度だと思っていて、自分が学生のときは夏休みとかを後悔のないように過ごせなかったので。今の学生や大人の人たちへの「一生に一回の夏を後悔のないように過ごそう」という(メッセージを)テーマに書かせていただきました。

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」では、日々の生活をポジティブにする「健康」と「美」のトピックスを様々な視点で紹介している。放送は月曜~木曜の6時30分頃から。お楽しみに!

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tmr
Recommended by

News Ranking

Archive