宇多田ヒカルなどのプロデュースで注目のアーティスト・Tepppei! 繊細でめくるめく展開をみせるサウンドとは

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。音楽プロデューサー、CD・レコードショップのバイヤー、ライブハウスのスタッフ、音楽評論家、海外在住の音楽ライターなど、様々なジャンルの音楽好きが日替わりでヤバい音を紹介する「GEEK OUT」のコーナー。

1月28日(火)は、DJ・音楽プロデューサーとして活躍するChocoholicが、おすすめのアーティストを紹介した。




■海外の音楽が好きでオーストラリアに留学

Chocoholicは、オーストラリアの専門学校「Northern Melbourne Institute of TAFE」を卒業。国内外のレーベルからリリースする傍ら、最近は海外アーティストとのコラボも行っている。

あっこゴリラ:オーストラリアの専門学校で音楽を学んだということですが、どんなことを勉強していたんですか?
Chocoholic:海外の音楽が好きで留学しようと思ってオーストラリアに行ったんですけど、メルボルンで2年間レコーディングとライブサウンドの映像のことを勉強してきました。
あっこゴリラ:私も最近トーンズ・アンド・アイとかG Flipとか、オーストラリア出身のアーティストに好きな人が結構多いなって気付き始めたんです。オーストラリアのシーンが好きでっていうのもあったんですか?
Chocoholic:好きでした! ちょっとアメリカとイギリスから離れてるので、独自の音があって面白いなって思います。
あっこゴリラ:独自の音ありますよね! 

海外での活動も多いChocoholic。日本の音楽シーンと海外の音楽シーンの違いについて、どのように感じているのだろうか。

Chocoholic:私は海外のプロデューサーさんたちとコライトとかセッションすることが多いんですけど、向こうの人たちはコライトとかセッションを日常的にやってたりするので、すぐにコライトやセッションできる環境が整ってるのは羨ましいなと思います。
あっこゴリラ:新しい音楽はどのようにインプットしていますか? 
Chocoholic:DJの友だちが多いのでその人たちのミックス聴いたり、SoundCloudとかSpotifyとかYouTubeで掘ったりしてます。

Chocoholic

■アニメーションが見えてきそうな世界観

今回Chocoholicが紹介したのは、宇多田ヒカルやFriday Night Plansのプロデュースなどで大注目のアーティスト、Tepppeiの『Bite Me (feat. Kuro)』。

あっこゴリラ:Tepppeiさんって宇多田ヒカルさんのプロデュースもされてますよね?  Chocoholic:リミックス担当したりしてます。
あっこゴリラ:リミックスか。Tepppeiさんとは繋がりがあるんですか? 
Chocoholic:友だちとしても仲良くさせてもらってて、作る曲がかっこいいんですよ。
あっこゴリラ:どんなところが好きですか? 
Chocoholic:繊細なところもありつつ、びっくりする要素がたくさんある音楽を作ってていいと思います。
あっこゴリラ:そんなところも意識しつつTepppeiさんの楽曲を聴いてみたいと思います!



あっこゴリラ:めくるめく展開! 面白いし可愛いなって言うのが一番の印象かもしれない。
Chocoholic:確かに。
あっこゴリラ:なんかアニメーションが見えてきそうな感じだった。

Chocoholic初のEP『Rewrite』が1月29日に配信リリース。イギリス、カナダ、オーストラリア、日本のアーティストたちと共同で制作した全4曲が収録されている。ぜひチェックしてみてほしい。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive