伝説のレコードショップ・WAVEスタッフおすすめ! SXSW 2020にも出演のForever

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。音楽プロデューサー、CD・レコードショップのバイヤー、ライブハウスのスタッフ、音楽評論家、海外在住の音楽ライターなど、様々なジャンルの音楽好きが日替わりでヤバい音を紹介する「GEEK OUT」のコーナー。

2月10日(月)は、渋谷パルコに復活したレコードショップ「WAVE」のスタッフ・中島健太さんが、おすすめのアーティストを紹介した。


■伝説のレコードショップ「WAVE」が渋谷PARCOに復活

かつて80年代〜90年代を中心に音楽ファンに愛された伝説のレコードショップ、WAVE。そのWAVEが渋谷PARCOに復活したということで、スタッフの中島さんに話を伺った。

中島:渋谷PARCOのオルガン坂沿いにある「MICRO WAVE」というサブネームがつけられた4坪程のKIOSKスタイルのお店で、レコード、Tシャツ、書籍など結構いろいろ置いてます。
あっこゴリラ:これね、リスナーのみなさんこれマジで行って欲しい。本当に可愛い! 
中島:いらっしゃったことあります? 
あっこゴリラ:ありますあります! WAVEの自動販売機ありますよね。
中島:そうなんですよ。WAVEオリジナルの缶コーヒーを売ってるんですけど、アーモンドミルクを使用したビーガン缶コーヒーなんですよ。
あっこゴリラ:そうなんですね! へ~。
中島:今の時代に合った缶コーヒーかなと。
あっこゴリラ:それで中も配線とかがワァ~ってあってすごい可愛いの。
中島:モジュラーシンセをブワァーって壁に敷き詰めてます。
あっこゴリラ:本当に行った方がいい。音楽好きの人は間違いなく「いい店〜!」ってなる。
中島:モジュラーシンセが、外国人のお客さんにもウケます。

そんなWAVEで働いている中島さんは、KENTACATSという名義でDJとしても活動している。

中島:WAVEとはまたちょっと違うんですけど、KENTACATSという名前で渋谷のVisionとContactを中心にハウスとテクノのDJを結構やってます。
あっこゴリラ:イケイケですね! WAVE店員とか名乗りたいですよね。
中島:イケイケじゃないですよ(笑)。WAVE店員っていうのはちょっとアガってます。
あっこゴリラ:そうですよね!


■綺麗なボーカルにミディアムなハウストラックがお洒落

今回中島さんが紹介したのは、カナダ・モントリオールを拠点に活動するJune Moon (Cafe Lanai, Exit Someone)によるエレクトロ・ポップ・ソロプロジェクト Forever。

中島:2016年にデビューして、僕も最近知ったんですけど、とにかく声がめちゃくちゃ良くて「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」っていうアメリカのフェスにも今年ブッキングされててこれから注目したい女の子のアーティストです。
あっこゴリラ:どんなジャンルなんですか? 
中島:R&Bとかダウンテンポでちょっとミディアムなハウストラックっぽいサウンドに、綺麗なボーカルでおしゃれな感じです。

【オンエアはこちら】Forever『Make it happen feat. Just John』をradikoで聴く



あっこゴリラ:80’s感ありますね! 
中島:ちょっと昔っぽくもあり、でも今っぽい感じが絶妙ですよね。
あっこゴリラ:サウンドが80’s寄りなので、声の感じが初期のマドンナを彷彿とさせるところもありますよね。
中島:作曲もフィーチャリングしてるラッパーも全員カナダ出身なので、そういう空気感もあるのかもしれないです。
あっこゴリラ:すごいお洒落。

WAVEのウェブサイトでは、国内外のアーティストが作成したオリジナルのDJ MIXも販売。WAVEのSoundCloudでも公開している。

WAVE
住所/東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ 1F
URL/wavetokyo.com

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive