アリシア・キーズがKing Gnuに代わり首位獲得! Official髭男dismは2位に浮上【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは2月9日(日)付のチャートを紹介!

10位:Jonas Brothers『What A Man Gotta Do』

先日行われたグラミー賞の授賞式で、Jonas Brothersは『What A Man Gotta Do』を披露。このとき三男・ニックは、歯に食べものがはさまったままパフォーマンスをしてしまったそうで、中継を観ていたファンが「歯にホウレンソウか何か詰まってない?」という内容のツイートを投稿。それが一気に盛り上がって拡散してしまい、ニック本人もこの騒ぎに気付く事態に。本人は「少なくとも、僕がちゃんと野菜を食べているのがわかったでしょ?」と、Twitter上でリアクションをしている。

9位:Kitri『Akari』

1月29日にリリースされたKitriのファーストフルアルバム『Kitrist』収録曲。Kitriの2人は先日、『SAISON CARD TOKIO HOT 100』に出演。現在Kitriはデビュー1周年。デビュー間もないころにも同番組に出演してもらったことから、クリスは「オーラが違いました」と、1年を経て印象が変わっていたことを明かす。そんなKitriは、来月から全国ツアー「Kitri Live Tour 2020 SS キトリの音楽会 #3 “木鳥と羊毛”」をスタートする。東京公演は「SHIBUYA PLEASURE PLEASURE」で開催予定。なお、チケットはソールドアウト。

Kitri
8位:King Gnu『Teenager Forever』

King Gnuのボーカル・井口 理は、音楽以外にも役者としての一面も持っている。過去には映画や舞台の出演もあり、現在配信中のLINE NEWSのドラマコンテンツ『ゆれるせいかつ』では決まった台詞が用意されていない即興劇を披露。さらに今年秋に公開予定の映画『佐々木、イン、マイマイン』に出演することが決定している。

King Gnu
7位:雨のパレード『BORDERLESS』

ニューアルバム『BORDERLESS』を引っ提げての全国ツアーがスタートした雨のパレード。2月8日には香川公演を行い、ライブ前夜にギター・山崎康介は香川名物「さぬきうどん」と「骨付鳥」を食べたそう。オンエア日の2月9日は広島でライブを実施した雨のパレードだが、東京公演は3月1日(日)に「EX THEATER ROPPONGI」で開催となる。

雨のパレード
6位:Selena Gomez『Rare』

この曲がタイトルトラックになっているニューアルバム『Rare』が好調なSelena。アーティストとして復活をしただけではなく、ビジネスも順調なのだそう。先日、自身がプロデュースするコスメブランド「Rare Beauty」を立ち上げると発表した。Instagramに投稿された予告動画では「『Rare』であることは、ありのままの自分を受け入れること。私たちみんなが、お互いに比べ合うのをやめて個性を尊重するようになってほしい。人にどう見られるかではなく、自分自身をどう見るか。それが『Rare Beauty』なの」と語っている。どんなアイテムが発売されるかはまだ定かではないが、今年の夏から北米の店頭に並ぶ予定で、海外進出も視野に入れているという。アーティストがブランドを手がけるケースとしてはRihannaやKylie Jennerがコスメブランドで巨万の富を築いており、最近ではLady GagaやKeshaもコスメブランドをリリースしている。


5位:The 1975『Me & You Together Song』

The 1975は今月初め、オーストラリアの各地で開催されるLaneway Festivalに出演。2月1日のブリスベン公演に出演する予定だったが、ステージが始まる数時間前にフロントマンのMatthew Healyが体調を崩し、ドクターストップがかかってやむなく出演をキャンセルした。その翌日に行われたシドニー公演も出演が危惧されたが、無事にステージにカムバック。しかも、ただでは起き上がらず、前日の体調不良をネタに、その日のステージ衣装は病院で着るガウンにマスク姿で、点滴を引きずりながらステージに登場してオーディエンスを盛り上げた。


4位:Billie Eilish『bad guy』

先日行われたグラミー賞授賞式では、18歳という史上最年少で主要4部門を制覇し、一気に時の人となったBillie。ハリウッドの映画界も彼女の人気にあやかりたいということで、日本時間の2月10日(月)に開催された第92回アカデミー賞授賞式では、Billieがパフォーマンスを披露。ザ・ビートルズ『Yesterday』を歌い、追悼パフォーマンスを披露した。



3位:Celeste『Stop This Flame』

イギリスBBCが発表した期待の新人リストで今年のナンバーワンを獲得したCeleste。彼女はアメリカ生まれのイギリス人で、イギリス出身の母親がアメリカで出会ったジャマイカ人の男性と恋に落ちて生を受けた。しかしCelesteが3歳のころに別れてしまい、母親と帰郷。そのためアメリカでの記憶は全くないそう。イギリスでは毎日のように教会に通っていて、そこで音楽、特にみんなで声を合わせて歌うことの楽しさを知ったという。さらにCelesteに影響を与えたのが、祖父がいつも聴いていたAretha FranklinやElla Fitzgerald、Otis Reddingなどの音楽で、それに合わせて歌っているうちに歌い方を自然に覚えていったのだとか。最近のアーティストではFrank OceanやSolange、Kanye Westがお気に入りで、お手本にもなっているそう。特にKanyeの大ファンで、いつか共演してみたいアーティストの1人だという。


2位:Official髭男dism『I LOVE...』

3月14(土)より単独ツアー「Official髭男dism Tour 2020 - Arena Travelers -」を開催するヒゲダン。ベースの楢﨑 誠は最近サウナにハマっているそうで、それがヒゲダン内にも波及しているとのこと。バンド内では「昨日(サウナで)整っちゃった」といった、サウナトークが飛び交っているのだとか。

Official髭男dism
1位:Alicia Keys『Underdog』

Aliciaが『SAISON CARD TOKIO HOT 100』でナンバーワンを獲得するのは2008年の『No One』以来の通算3曲目。『Underdog』は困難に直面しながらも夢に向かって前へ進もうとする、あらゆる“アンダードッグ(挑戦者)”を奮い立たせる応援歌。Aliciaは「人は誰でも不可能を可能に変えなければならないような状況に陥ったことがあるはず」と、歌詞のように“自分の型”に収まらず、自分なりに生きてほしいとメッセージを送っている。


1位:Alicia Keys『Underdog』
2位:Official髭男dism『I LOVE...』
3位:Celeste『Stop This Flame』
4位:Billie Eilish『bad guy』
5位:The 1975『Me & You Together Song』
6位:Selena Gomez『Rare』
7位:雨のパレード『BORDERLESS』
8位:King Gnu『Teenager Forever』
9位:Kitri『Akari』
10位:Jonas Brothers『What A Man Gotta Do』

『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年2月16日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/
Recommended by

News Ranking

Archive