LiLiCo、マリエ、堀 潤ら、J-WAVEの9時間特番をリレー形式でナビゲート!「SDGs」達成に向けて無理なくできる「選択」を提案

J-WAVE(81.3FM)では、2020年2月11日(火・祝)9:00~17:55に、持続可能な開発目標「SDGs」達成に向けて無理なくできる9つの「選択」を提案する特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL THE CHOICE IS...』を放送する。

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標=「SDGs」。2030年まで残り10年となった今、「LIFE」「WORK」「CREATE」をテーマに、無理なくできる9つの「選択」をJ-WAVEから提案。

なお、この日のオンエアは自然エネルギーによって発電された「グリーン電力」を使用して放送する。J-WAVEが1日に必要とする約3,500kWhの電力を自然エネルギーで賄うと、約1.8tのCO2排出量の削減になる。さらに番組では9時間全編ペーパーレスでの放送にも取り組む。

■9:00~12:00 堀 潤×玄理 ナビゲート
この時間のテーマは「LIFE」。食品ロスや日本における貧困の問題を解消するためにできることとは。堀 潤と玄理のナビゲートで身近な生活からできる「選択」を提案する。

■12:00~15:00 サッシャ×LiLiCo ナビゲート
この時間のテーマは「WORK」。働く現場に「SDGs」はどう反映されているのか。女性の働きやすい職場、持続可能な職場づくりとは。海外の環境先進国での取り組みやインタビューも交えながら、サッシャとLiLiCoのナビゲートで働く上でできる「選択」を提案する。

■15:00~17:55 川田十夢×マリエ ナビゲート
この時間のテーマ「CREATE」。持続可能な社会を構築するために私たちができることとは。捨てられるはずのゴミから新たな創造を生むシステムや「SDGs」達成に貢献するテクノロジーの役割など、川田十夢とマリエのナビゲートで“作る”視点から新たな「選択」を提案する。

■ゲスト情報
11時台にはバケツドラマーMASAが登場。バケツや廃材などの身近な物でドラムセットを組み上げ、水道管に使われる塩ビパイプをディジュリドゥにして音を奏でるアーティストであるMASA。捨てられるはずの物をなぜ楽器にしたのか、世界中でのストリートパフォーマンス経験について訊く。バケツドラムをスタジオで組み上げ、新感覚のスタジオライブも披露。
17時台には国内外から注目を集めるアーティストの和田永が登場。ブラウン管テレビや扇風機など役割を終えた古い電化製品を使って新たな電子楽器や音楽を生み出してきた活動への思いについて訊く。最新プロジェクトであるバーコードリーダーのスキャン信号を利用して音楽を奏でる“バーコーダー”のスタジオ生実演も披露。

リスナーの皆さんから地球の未来のための“CHOICE”をTwitterで募集。「マイボトルを持ち歩くことにした」「天気が良いので会社まで歩いてみた」など、あなたの地球のための選択を「#choice813」をつけてツイートしてほしい。
また、3時間ごとにオンエアで「SDGsクイズ」を出題。正解した方の中から抽選で各3名様に地球にやさしい‶土に還る”エコバッグをプレゼント。

【番組概要】
放送局:J-WAVE(81.3FM)
タイトル:J-WAVE HOLIDAY SPECIAL THE CHOICE IS...
放送日時:2020年2月11日(火・祝)9:00~17:55
ナビゲーター:
[9:00~12:00] 堀 潤、玄理
[12:00~15:00] サッシャ、LiLiCo
[15:00~17:55] 川田十夢、マリエ
番組HP:https://www.j-wave.co.jp/holiday/20200211/
Recommended by

News Ranking

Archive