Nulbarich・JQに火をつけた! RUN-D.M.C.の楽曲を紹介

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。「SONAR'S ROOM」のコーナーでは、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語る。2月3日(月)のオンエアでは、月曜担当のNulbarichのボーカル・JQが登場。「RUN-D.M.C.」をテーマに語った。

RUN-D.M.C.はアメリカ・ニューヨーク州出身の3人組のヒップホップ・グループ。80年代初頭から活動し、ファーストアルバムの『RUN-D.M.C.』は、ヒップホップアルバムとして初のゴールディスクを獲得した。2002年にメンバーのジャム・マスター・ジェイ が殺害されてしまい、活動休止に。JQはそんなRUN-D.M.C.の曲を紹介した。

・『My Adidas』

RUN-D.M.C.といえば、アディダスの靴に紐を通さずに履いてパフォーマンスをするのが有名。それを象徴する曲が『My Adidas』だ。

JQ:これで「RUN-D.M.C.=アディダス」みたいになったんじゃないかなと思います。RUN-D.M.C.は、ラップのスタイルが80年代のタテ乗りというか、けっこうロックを感じるものが多かったりします。パーティー・ラップっぽいというか、クラブ受けする感じではありますよね。

・『King Of Rock』

『King Of Rock』は、85年にリリースされた楽曲。セカンドアルバム『King Of Rock』に収録されているRUN-D.M.C.の代表作と言える一曲だが、JQには個人的な思い出があるという。

JQ:スケートボードのゲームがあったんです。そのなかにサントラでRUN-D.M.C.が入っていて、このイントロが流れると「あ、今からカッコいいライドをしなきゃ」みたいな気持ちになります。わりと自分の“火付けソング”だったりもして……すごく楽しいゲームでしたっていう話なんですけど(笑)。思い出深い曲です。

・『Ghostbusters』

『Ghostbusters』は、1989年公開の映画『ゴーストバスターズ2』のためにレイ・パーカー・ジュニアの『Ghostbusters』をアレンジして作られた一曲。

JQ:これは完全に僕の趣味です。好きなものと好きなものが合わさったという曲でございます。

・『Down With The King feat. Pete Rock & CL Smooth』

『Down With The King feat. Pete Rock & CL Smooth』は、93年の6枚目のアルバム『Down With The King』に収録されている。

JQ:Pete Rockは多分、今までに何回かお話には出てきていると思うんですが「RUN-D.M.C.と言えば」という、ちょっとエイティーズっぽい音色だったり、あとはロックっぽい音だったりします。なんとこちらの曲はPete Rockがプロデュースをしています。なんともすばらしい曲で、Pete RockのよさとRUN-D.M.C.が、かなりケミストリー(化学反応)を起こしているんじゃないかなと思います。

J-WAVE『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR'S ROOM」では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがその日のテーマにまつわるトークを展開。時間は22時30分ごろから。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年2月10日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive