TeddyLoid、ダンスミュージック界の新星・MATZから貰ったUSBに入っていたものとは

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。音楽プロデューサー、CD・レコードショップのバイヤー、ライブハウスのスタッフ、音楽評論家、海外在住の音楽ライターなどなど、様々なジャンルの音楽好きが日替わりでヤバい音を紹介する「GEEK OUT」のコーナー。

3月17日(火)は、音楽プロデューサー、DJのTeddyLoidがおすすめのアーティストを紹介した。


■ジャンルを問わず様々なコラボで話題に

EDMシーンでは説明不要の音楽プロデューサー、TeddyLoid。m-flo、香取慎吾、DAOKO、KOHHなどジャンルを問わず様々なコラボで話題に。番組では、Attack The Musicの新しいコンピアルバム『LAZARUS』からTeddyLoidのナンバーお届けした。

あっこゴリラ:この曲はAttack The Musicからリリースされるんですね。
TeddyLoid:アメリカのダンスミュージックのレーベルで基本的には海外のアーティストが参加してるんですけど、日本だとDÉ DÉ MOUSEさんとかが参加してます。

国内外問わず大忙しのTeddyLoidだが、最近はどんな活動をしているのだろうか。

TeddyLoid:ほぼ1、2ヶ月に1回は海外(特にアメリカ)でDJすることが多いですね。最近はオリジナル作品よりも、プロデュースものの作品を多く手掛けています。
あっこゴリラ:うんうん。
TeddyLoid:4月8日にナナヲアカリさんのニューアルバムが発売するんですけど、DECO*27さんと一緒に曲を作って参加したりしてます。
あっこゴリラ:音楽を作る上で一番大切にしていることはなんですか? 
TeddyLoid:音楽を聴いて人が笑顔になることが一番素敵だなと思ってて、今こんな状況でいろんなことが起こってて、どうしても気分が落ち込んだりすると思うんですけど、僕の音楽を聴いてちょっとでも気持ちが明るくなるような音楽を作っていけたらなっていう風に思って作ってますね。
あっこゴリラ:さっきの『Touch Me feat. DELTA』のブレイクはびっくりしましたよ(笑)。あれは楽しくなっちゃいますね。


■世界標準のダンスミュージックを作る若手プロデューサー

この日のオンエアでTeddyLoidが紹介したのは、北海道発、ダンスミュージック界でいま最も注目を集める新星プロデューサー/DJ MATZ。

TeddyLoid:まだすごく若くて20代になったばかりなんですけど、世界標準のダンスミュージックを作ってるアーティストなんですよね。
あっこゴリラ:どうやって知り合ったんですか? 
TeddyLoid:実は彼がまだ10代の頃、僕のライブに遊びに来てくれてUSBメモリーを渡されたんです。そしたらその中に、曲が入ってるかと思ったら手紙が入っていたんですよ! 
あっこゴリラ:きゃ〜! 
TeddyLoid:男の子なんですけど「ずっと聴いてます」っていう5枚綴りくらいの手紙と一緒に曲が入ってたんです。
あっこゴリラ:もうラブレターですね! 
TeddyLoid:ラブレターも嬉しかったんですけど、曲が凄くて! 
あっこゴリラ:うんうん。
TeddyLoid:そのとき彼は札幌にいたんですけど今は上京して東京で活動してますね。
あっこゴリラ:なにそれ超素敵なんですけど! 
TeddyLoid:インターネットで曲もらうことは多いんですけどなかなかUSBで手紙と曲を貰うって経験がないので嬉しいですよね。
あっこゴリラ:(曲を聴いて)こんな子が北海道に! 
TeddyLoid:エモいんですよ。やっぱり北海道寒いんで家で曲を作るんでしょうね! 
あっこゴリラ:そっか! それこそフィンランドが極寒で曲作りが捗って、メタルがめちゃめちゃ盛り上がるっていう。寒い地域はそういうのありますね。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive