レディー・ガガ、新曲『Stupid Love』で2013年以来の首位獲得! 竹内アンナが3位にランクイン【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは3月15日(日)付のチャートを紹介!


10位:BTS『ON』


世界の音楽シーンを席巻中のBTSは、2月21日にリリースしたアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』で新たな記録を次々と打ち立てている。韓国でのアルバムセールスが2月だけで411万枚を越え、韓国史上もっとも売れたアルバムに。アメリカでは最初の1週間で42万枚を売り上げ、ビルボードのアルバムチャートで堂々の1位を獲得。BTSにとっては4枚目の全米ナンバーワンアルバムとなり、わずか2年弱の間に4枚のアルバムが全米1位に輝いたのは、ビートルズ以来の快挙。さらに、リードシングルの『ON』は、ビルボードのシングルチャート4位で、BTSにとっては過去最高位となった。


9位:東京スカパラダイスオーケストラ『Good Morning~ブルー・デイジー feat. aiko』


3月13日に東京国際フォーラムホールAで開催された、スペースシャワーTVの音楽アワード「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020」は、新型コロナウイルス感染対策により無観客で開催された。スカパラ・谷中敦の元に、aikoから直接「スカパラのライブ中に(無観客になった客席の)3万人分踊ります!」と連絡があったそう。実際にスカパラのライブをノリノリで楽しむaikoの姿に、ステージ上のスカパラメンバーも大感激! 「aikoさんのおかげですばらしいパフォーマンスができた」と語っていた。


8位:Rude-α『Tokyo Circus』

『Tokyo Circus』
沖縄出身、現在23歳のRude-α。かねてから「武道館が目標」と公言しているが、今年中に武道館公演の日程を発表するつもりなのだそう。デビュー前からことあるごとに武道館ライブを口にしているRude-αだからこそ、有言実行をしたいという意志の表れなのだろう。クリスは「年末辺りを狙っているんでしょうか」と予想していた。


7位:Mr.Children『Birthday』


この曲が主題歌の映画『映画ドラえもん のび太の新恐竜』は3月8日に公開予定だったものの、新型コロナウイルスの影響で現在公開延期となっている。音楽業界のみならず、映画界にも影響がおよんでいる状況で、作品の公開延期や休館する映画館も相次いでいる。


6位:JUJU『STAYIN' ALIVE』


JUJUは最近、J-WAVEに来るたびロビーにある、映画『スター・ウォーズ』のストームトルーパーと戯れるのが慣習化しているのだとか。JUJUいわく「ぜひ私のInstagramを見てください」とのこと。現在、J-WAVEのロビーには等身大の『スター・ウォーズ』のストームトルーパーが設置されているが、過去にはカイロ・レンがいたことも。そんなJUJUは、4月8日(水)に4枚目のベストアルバム『YOUR STORY』をリリースする。


5位:aiko『青空』

aiko
aikoは3月8日に『Love Like Rock vol.9〜別枠ちゃん〜』と題したライブをYouTubeで配信。『青空』や代表曲の『カブトムシ』など、全12曲をパフォーマンス。視聴者数はリアルタイムでおよそ13万人にのぼったという。東京ドームのキャパシティがおよそ5万人のため、2倍を超える人数が視聴したことになる。


4位:Khalid, Disclosure『Know Your Worth』


新型コロナウイルスの影響で、4月7日(火)に豊洲Pitで予定されていた来日公演は延期に。Khalid以外にも、海外アーティストの来日公演は続々とキャンセルされており、3月13日にはボブ・ディランの来日公演が新たにキャンセルとなった。


3位:竹内アンナ『I My Me Myself』

竹内アンナ
竹内アンナは京都在住の大学生シンガーソングライター。竹内が出演する『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020~ROPPONGI BASHO~』が、3月20日(金)にオンエアされる。両国国技館で開催予定だった「TOKYO GUITAR JAMBOREE」は中止となったが、ラジオでお届けすることとなった。ギターの弾き語りでお届けする9時間特番で「TOKYO GUITAR JAMBOREE」に出演予定だったアーティストたちがJ-WAVEに集結して、イベントさながらのギター弾き語りをオンエアに乗せて披露する。番組への出演アーティストおよびタイムテーブルは、特設ホームページにて公開中だ。


2位:SZA, Justin Timberlake『The Other Side』


2012年に女優のJessica Bielと結婚したJustin Timberlake。息子のSilasくんも4月には5歳に。理想の夫と呼ばれていたJustinだが、昨年11月に浮気疑惑が浮上。出演する新作映画『Palmer(原題)』で共演した女優とバーで手をつないでいるところをパパラッチされてしまった。テーブルの下ではしっかりと指を絡ませていたのだとか。この疑惑についてJustinは「2人の間にはなにもなかった」と言いつつ「あの夜は飲みすぎてしまい、自分のしたことを後悔している。僕のすばらしい妻と家族に恥ずかしい思いをさせて申し訳ない」とSNSで公開謝罪。「これからは最高の夫とパパになるよ」と誓ったそう。そんなこともあってか、3月3日のJessica Bielの誕生日には、Instagramにラブラブな愛のメッセージを投稿。当日はくつろいだ様子のパジャマパーティでお祝いしたそう。また、近々南の島でバースデー旅行を計画しているという。


1位:Lady Gaga『Stupid Love』

Lady Gaga
Gagaがナンバーワンに輝いたのは、2013年9月の『Applause』以来、通算5度目。先日、イタリアの地方議会で新型コロナウイルスの対策会議が行われている最中、突然出席者のスマートフォンから『Stupid Love』のイントロが流れ始めたそう。流れた瞬間には笑いが漏れて、重い空気がやわらぐ一幕があったという。その動画をGagaのファンがTwitterにアップしたところ、Gaga本人が反応。リツイートしたツイートには「だから私は音楽を作るんだ」とコメントが添えられていたという。


1位:Lady Gaga『Stupid Love』
2位:SZA, Justin Timberlake『The Other Side』
3位:竹内アンナ『I My Me Myself』
4位:Khalid, Disclosure『Know Your Worth』
5位:aiko『青空』
6位:JUJU『STAYIN' ALIVE』
7位:Mr.Children『Birthday』
8位:Rude-α『Tokyo Circus』
9位:東京スカパラダイスオーケストラ『Good Morning~ブルー・デイジー feat. aiko』
10位:BTS『ON』

『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年3月22日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/
Recommended by

News Ranking

Archive