及川光博「企業努力です」 王子様キャラというエンターテインメントの裏側

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。3月18日(水)のオンエアでは、俳優で歌手の及川光博がゲストに登場した。ミッチーワールド全開で、プライベート秘話や王子様キャラについての話で盛り上がった。


■音楽が生まれる瞬間は「むき出しの俺!」

及川は3月18日(水)、ニューアルバム『BE MY ONE』をリリース。書下ろしの新曲や『バラ色の人生』リアレンジバージョンなどを収録している。俳優としては、4月からは日曜劇場『半沢直樹』に出演。マルチな活動を20年以上、続けている。

及川:デビューしてありがたいことに、すぐ「マツモトキヨシ」のCMが決まって、王子様になりましたね。だから音楽と俳優業の二刀流を20年以上やってますね。
西沢:俳優から音楽に行く人もいるんですけど、両立を完全にしてる人はそんなにいないですよね。
及川:そうだね、ミッチーか、福山雅治くんだよね。ちょっと大きく出たかな(笑)。

音楽は、お風呂で生まれることが多いそうだ。

及川:僕はお風呂が好きなので、湯船に浸かってる間に鼻歌を歌います。それで言葉が同時に出てきちゃうと、「あ、これできるわ」って。「生まれる」っていう感じですかね。
西沢:長湯して。え、全裸で作ってるの?
及川:全裸で作ってますよ! むき出しの俺!
西沢:これはファン買うわ。ミッチーのむき出し、買うわ。

プライベートではお酒を、なかでも日本酒を好んでいるが、ジャケット写真やドラマ撮影の前日には控えるのだという。「日本酒は“むくミッチー”になっちゃう」と、ジョークまじりに理由を明かした。


■「ミッチー」は、透明のきぐるみをかぶっている状態

「ミッチー」という存在は、どのように保たれているのか。及川は母親の影響で少女漫画を読んでおり、本人曰く「ミッチーのハートの一部は乙女心」。男子より女子との会話のほうが盛り上がるタイプで、中高生の頃は「キザ男」と呼ばれていたそう。今でもときどき「ナルシスト」と言われるが……。

及川:でも実を言うと、それも僕のセルフプロデュースみたいなところありますからね。
西沢:作品として及川光博は作り上げられていますよ。だけど、いつの間にかそれが自分の本物になっちゃってるんでしょうね。
及川:「デザイナーズリアリティ」という言葉があります。画家が、自分の画風に寄せて生きちゃう。画風を成立させるために人生を変えていくという。
西沢:少女漫画の世界観をそのままリアルを突き詰めていくうちに、自分の中に取り込んでしまったみたいな?
及川:ところがね、僕やっぱり気が弱いんですかね。気分としては透明のきぐるみをかぶっている状態ですね。本物はまた別に置いておく。

セルフプロデュースをする上では、「ロマンティックとエロ」を大事にしているそうだ。


■好きじゃない音楽をイヤイヤ歌うのは「すべてに失礼」

今後も俳優業と音楽活動を並行していきたいと考えている及川に年間のスケジュールを訊くと、「だいたい2クールでドラマ出て、1クールでツアー出て、夏休みと制作期間でもう1クールが潰れる感じ」と返答があった。

及川:だから休んでないです。
西沢:休みも長く取らない?
及川:というより、趣味がないです。みんなはゴルフだ何だって言いますけど、僕は休みの日に寝て曲を作ります。
西沢:効率的というか、もう合ってるな! この仕事。
及川:確かに天職だと思ってますけどね。でも睡眠時間とか健康には気をつけないと。もういい年なので。

自身の世界観については、作品を作るプロデューサー目線と、「楽しいことをやりたい」という趣味目線のどちらも持っている。しかし、音楽については後者の気持ちが強いそうだ。

及川:楽曲については申し訳ないけど、趣味に突っ走ります。好きじゃない音楽を作り続けてイヤイヤ歌うのは、もうすべてに対して失礼な気がする。アラフィフですが、ハートが中2なんですよね。
西沢:わかる気がする。お花畑の向こうにお城があるもんなー。王子様だもん。
及川:だけど、50年間生きてる現実のヒリヒリとした感覚は2コーラス目のAメロあたりに注いでいく。散りばめていく。
西沢:なるほど。導入部分は、みんなの期待に応えてるんだ?
及川:うん。設定としてロマンティックにしてる。
西沢:やっぱり「好きにしてる」と言いながらも、商品っぽいこと考えちゃってるんだ!
及川:だってそのほうが楽しいじゃないですか。エンタメだから。ガード下とかで「アコースティックギターで歌え」って言われるほうがキツイかも。だったら、スパンコールの衣装を着ているほうが落ち着く。
西沢:なるほどね~。

自身の王子様としてのエンタメは、「企業努力です」と締めくくった。及川光博ワンマンショーツアー2020「SOUL TRAVELER」など、活動の詳細は公式サイトまで。

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』は、毎週月曜から木曜の16時30分から19時まで放送中。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年3月25日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分-19時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/
Recommended by

News Ranking

Archive