乃木坂46・齋藤飛鳥は「料理の話」をしたくない!? その理由は…

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーだ。5月16日(土)のオンエアでは、英単語当てゲーム「ハングマン」で英語を学んだ。


■齋藤は料理の話が苦手?

齋藤からのあいさつ「Hiya!」(やあ!)でスタート。齋藤はリモートで出演した。まずは、リスナーからの質問に回答。

「ふたりがよく作る料理はなんですか?」

ハリー:飛鳥ちゃん、料理はどうですか?
齋藤:まあ、ぼちぼちです。
ハリー:「ぼちぼち」ということは、ちょっとは料理するってことですよね。
齋藤:まあ、多少は……。
ハリー:ちなみに、最近は何を作りましたか?
齋藤:最近ですか? そうですねえ……。えーと……。
ハリー:なに「察してください」みたいな空気を出してるんですか(笑)。飛鳥ちゃんのリモート出演で面白いのが、飛鳥ちゃんがためらうと、つないでいる映像がどんどん髪の毛のアップになるっていうね。顔がどんどん画面から外れていく(笑)。
齋藤:あはは(笑)。私、料理の話をするのが苦手で。
ハリー:なんで?
齋藤:みんな自分が作った料理を写真に撮ってブログとかSNSにあげたりするじゃないですか。
ハリー:私の周りもそうですよ。朝からものすごく美しい朝食を並べて、若干“ドヤ”を感じてしまう(笑)。いや、素晴らしいことで、すごく素敵だと思うんです。
齋藤:すごいなって思いますけど、それが恥ずかしくてできなくて。
ハリー:別に写真をあげる必要はないと思いますよ。飛鳥ちゃんを応援する人たちの中には「スクランブルエッグかな?」「肉じゃがかな?」「麻婆豆腐かな?」って妄想を楽しむ人たちもいると思います。
齋藤:そっかあ。
ハリー:どっち寄りなの? 和なの? 洋なの?
齋藤:えー。どっちもですけど……。
ハリー:みそ汁とか作ったりする?
齋藤:作ったりしますよ。
ハリー:具はなんですか?
齋藤:まあ、具もそのときの気分です。
ハリー:飛鳥ちゃん、ちょっとは心の扉を開けて。どういう具なのか教えて(笑)。
齋藤:(笑)。あ、まあでも、基本は和食でも洋食でもなんでも、卵を使った料理をするのが好きです。
ハリー:へえ、そうなんだ。目玉焼きとか?
齋藤:まあ、そんな日もあったり……(笑)。
ハリー:目玉焼きにかけるのは醤油と塩、どっちですか?
齋藤:私は……、そのときの気分によります(笑)。
ハリー:マジか。……「醤油の魔人と塩の魔人」!(TBS『史上空前!!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ2020』でハライチ・岩井勇気と渡辺直美が披露したネタ)
齋藤:あはは(笑)。
ハリー:知ってますか?
齋藤:知ってますよ。観ました。じゃあ料理のことは、ハリーさんがリスナーさんに教えてあげたらいいんじゃないですか?
ハリー:僕、なんだかんだいって、料理はたまにします。おばあちゃんから習った、どシンプルなステーキがあるんですけど、これはまさに「醬油の魔人」の力を借ります。肉をフライパンで焼くときに、オイルではなくバターを入れます。そして最後に醤油をかければ、それだけでおいしい。5分くらいですぐできちゃう。オシャレに作りたいときは赤ワインもふわっと入れれば、うちのおばあちゃんプラスうちの母親の力も加わったステーキが出来上がります。
齋藤:へえ! それ、いいなあ。
ハリー:ただ、自分に食べさせていますからね。
齋藤:いいじゃないですか。
ハリー:うちのおばあちゃんは「これを誰かに食べさせなさい」って。天国からおばあちゃんの声が聞こえてくるようです(笑)。そんなお話でした。
齋藤:じゃあ私も作ってみます。
ハリー:「醤油の魔人」の力を借りちゃってください。


■英単語当てゲーム「ハングマン」

コーナー後半では、齋藤が英単語当てクイズ「ハングマン」に挑戦した。出題者が“ある単語”を決めて、最初に文字数とヒントを提示。回答者は一文字ずつアルファベットを回答し、英単語を完成させていくという遊びだ。英単語を当てられたら回答者の勝ち、9回ハズレたら出題者の勝ちとなる。みなさんもぜひトライしてみては。

ハリーが出した文字数は「5文字」と「3文字」の2単語で、ヒントは「ハリーが興味を持つ偉大な存在」だ。

齋藤は1回目に「A」と答えたが、残念ながらハズレ。

2回目に「O」と答え、2単語目の2文字目「●o●」に「O」が使われていることがわかった。

3回目に「U」と答え、ハズレ。

4回目と5回目に「I」「E」と答え、1単語目の4文字目と2文字目「●e●i●」がひらいた。

6~9回目に「T」「S」「B」「R」と答えたが、どれもハズレ。すでに6回ハズレなので、あと3回ハズレたら齋藤の負けだ。

10~12回目に「G」「D」「L」と答え、2単語目「god」がひらき、1単語目の1文字目と5文字目「De●il」がひらいた。

大苦戦した結果、齋藤は正解の「Devil god」(魔人)を導き出した。齋藤は「魔人」の英訳を知らなかったため答えに自信がなかったようだ。


■齋藤が出した英単語は…

続いて齋藤が出題した。齋藤が出した文字数は「3文字」と「5文字」の2単語で、ヒントは「ハリーも齋藤も好きなもの」だ。

ハリーは1回目に「E」と答え、2単語目の5文字目「●●●●e」に「E」が使われていることがわかった。

2回目に「O」と答え、1単語目の2文字目「●o●」がひらいた。

3回目に「L」と答え、ハズレ。

4回目に「A」と答え、2単語目の2文字目「●a●●e」がひらいた。

5回目に「I」と答え、ハズレ。

6~8回目に「U」「S」「Y」と答え、1単語目「Soy」、2単語目の1文字目と3文字目「sau●e」がひらいた。

この時点でハリーは答えがわかったようで大笑い。答えの「Soy sauce」(醤油)を導き出した。ハリーも齋藤も、出題した単語は「醤油の魔人と塩の魔人」からひらめいたもので、ふたりがこのネタにハマっている様子がうかがえた。

ハリー:やっちゃいましたね。
齋藤:あはは(笑)。すごい。
ハリー:我々は単純なんですよ。
齋藤:単純ですね。
ハリー:直前に話したことをそのまま出題してしまうっていうね。
齋藤:でもうまいことかぶらなかったですね。
ハリー:よかった、よかった。ちなみに、何に醤油をかけるの?
齋藤:え? え?
ハリー:教えてくださいよ(笑)。飛鳥ちゃん、お願いします。
齋藤:なんか、音声が乱れていて、ちょっとお答えできないです(笑)。
ハリー:あはは(笑)。料理のことは絶対に話したくないっていう、このネタを設楽兄さん(バナナマン・設楽 統)に伝えようかな。
齋藤:やめてください(笑)。

今まで「ハングマン」では1単語でトライしていたが、今回のように2単語になると、最初に母音を答えているだけでは正解を導き出しづらくなるので、難易度が少し上がる。英語に慣れている方は、齋藤とハリーのように単語数を増やして遊んでみてはいかがだろうか。

ハリー杉山が先生になって、乃木坂46・齋藤飛鳥にイチから英語をレッスンする『POP OF THE WORLD』のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」は毎週土曜日の7時5分ごろからオンエア。次回もお楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年5月23日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/popworld
Recommended by

News Ranking

Archive