Rina Sawayama『Bad Friend』、4連覇中のスカパラを抑え首位獲得! 喜びのコメント「日本でも受け入れられてうれしい」【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは5月10日(日)付のチャートを紹介!

10位:Attractions『Chain Reaction』



5月10日は母の日ということで、Attractionsのフロントマン・TAROに母親について訊いてみたところ「くだらない話や一緒に料理をしたり散歩をしたりと、親というよりも友だちの感覚に近く、とても仲がいいんです。そのかわり喧嘩もよくします」という答えが返ってきた。ちなみにTAROの母親はシングルマザーとして、TAROと妹と女手一つで献身的に育ててくれたそう。今年の母の日の予定については「母は絵を描くのが好きなので、スケッチブックをサプライズでプレゼントします」とのこと。

9位:Hailee Steinfeld『I Love You's』



Haileeは5月8日に『Half Written Story』と題した5曲入りのEPをリリース。タイトルは、収録曲の歌詞からとったそう。今回のEPには失恋ソングが満載だが、そのインスピレーションのもとになったと言われているのが、1年ほど交際をした元カレ、One Directionのナイル・ホーランとの破局。その曲のタイトルも『Wrong Direction』と、かなりド直球なものになっている。実はNiallも3月に『Heartbreak Weather』と題したソロアルバムをリリースし、そのなかにHaileeとの破局を題材にしたと思われる曲もあり、話題を呼んでいる。

8位:ゲスの極み乙女。『人生の針』



6月17日(水)にリリース予定の通算5枚目となるニューアルバム『ストリーミング、CD、レコード』。配信リリース自体は5月1日にされているが、ファンの間では盤のアルバムがどのようなパッケージでリリースされるのか話題になっていた。なんとCDの代わりにバームクーヘンが入っている、世界初の賞味期限付きアルバムになるという。ゲストメンバーによると「この時代にCDで音楽を聴いている人はとても少ないと思ったものの、歌詞とクレジットの入ったブックレットは届けたいので、CDの代わりにおいしいバームクーヘンを入れて届けることにした。賞味期限付きアルバムにはCDは入っていないが、全曲の歌詞が入ったブックレットが封入されているので、歌詞カードを見ながらストリーミング・サービスなどでアルバムを聴いて楽しんでほしい」とのこと。ちなみにバームクーヘンはpatisserie KIHACHIの特製CDサイズ・バームクーヘンだという。


7位:Hazel English『Shaking』



LAに住んでいるHazel。4月にデビューアルバム『Wake UP!』をリリースし、本来ならば今ごろツアーを行っているはずだったが、新型コロナウイルスの影響ですべてキャンセルに。フェスへの出演予定もなくなってしまった。現在は恋人と一緒に自主隔離中で、今のおうち時間のすごし方は、Spotifyで日本のアンビエントミュージックを聴くことなのだそう。具体的にどのようなものを聴いているのかはわからないが、とても落ち着くのだとか。ボーイフレンドがニンテンドースイッチのゲームソフト『あつまれ どうぶつの森』にハマっているので、一緒に楽しんでいるそう。

6位:藤井 風『優しさ』



藤井は最近、ボクシングのミット打ちや縄跳びで体を動かしているという。なんでも藤井の父親は大のボクシング好きで、学生時代は気づいたら実家にサンドバッグが置いてあったという。藤井はそんな父親から影響を受けたこともあり、また最近ボクシング熱が出てきているのだとか。

5位:The 1975『If You're Too Shy(Let Me Know)』



延期に延期を重ねて、5月22日(金)のリリースがやっと決まったニューアルバム『Notes on a Conditional Form』からの6曲目の先行シングル。この曲には、フロントマンMatthew Healyとの熱愛が噂されるイギリスの個性派シンガー、FKA twigsがバックボーカルで参加している。しかし、彼女の声が聞こえるのはアルバムバージョンのイントロだけ。

4位:あいみょん『裸の心』



あいみょんにとって、通算10枚目のシングルとなるこの曲だが、ストレートなバラードをシングルとしてリリースするのは今回が初めてだという。あいみょんにレコーディングでのエピソードを聞いてみたところ「レコーディングで初めて歌を録り直しました。1回レコーディングして、終わって聴いてみて『何か違うな』となり改めてもう1回録り直しました。スタッフと色々試行錯誤した結果、ハンドマイクでひざまずきながら歌っています!」と、コメントを寄せている。

3位:millennium parade『Fly with me』



4月からNetflixで全世界に同時配信がスタートした『攻殻機動隊 SAC_2045』のための書き下ろし曲。すでに配信で先行リリースされているが、5月13日(水)にCDシングルとしてリリースされる。さらに6月24(水)には、生産限定アナログ盤のリリースも予定している。

2位:東京スカパラダイスオーケストラ『倒れないドミノ』



King Gnu『Teenager Forever』が持つ4連覇とならんだものの5連覇ならず。スカパラメンバーの茂木欣一は、母の日ということで母親に電話をしたそう。茂木が「初めてスカパラのライブを観に行ったことを覚えてる?」と聞くと「うーん、忘れたわ。でも、あなたが一生懸命ドラムを叩いてる姿を見ると毎回感動して泣いちゃうのよね」と言われ、うれしくて泣いてしまったそう。6月から開催予定だった全国ツアーの全公演の中止を発表したスカパラ。茂木からは「ライブ再開まではもう少し時間がかかりそうなので、みんなで最高の時間を作り出せる日が早くくるといいなという気持ちでいっぱいです」というメッセージが寄せられている。

1位:Rina Sawayama『Bad Friend』



日本デビューアルバム『SAWAYAMA』収録曲。ロンドンにいる本人から「ナンバーワンになったことを聞いて、本当にうれしい限りです。サポートをありがとうございます。私のアルバム『SAWAYAMA』が日本でもこれだけ受け入れられているというのは非常にうれしいことです。早く日本に行き、みなさんの前で音楽をツアーという形で披露したいと思います。そしてクリス・ペプラーさん、ありがとうございます。今の状況、コロナで全世界どこでも非常に厳しい状況だと思いますが、みなさんStay Home Stay Safeで。どうもありがとうございました」と、コメントが寄せられた。Rinaは5月17日(日)の『SAISON CARD TOKIO HOT 100』にリモートでゲスト出演する。

1位:Rina Sawayama『Bad Friend』
2位:東京スカパラダイスオーケストラ『倒れないドミノ』
3位:millennium parade『Fly with me』
4位:あいみょん『裸の心』
5位:The 1975『 If You're Too Shy(Let Me Know)』
6位:藤井 風『優しさ』
7位:Hazel English『Shaking』
8位:ゲスの極み乙女。『人生の針』
9位:Hailee Steinfeld『I Love You's』
10位:Attractions『Chain Reaction』

『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年5月17日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/
Recommended by

News Ranking

Archive