建築物からインスピレーションを得た、Nicolas Godin『Concrete and Glass』

Nicolas Godin『Concrete and Glass』

J-WAVEの番組作りに携わるスタッフたち。日々、ジャンルを問わず音楽を聴き続けているラジオ番組制作者たちの、おすすめの楽曲やアーティストを紹介します。(J-WAVE NEWS編集部)


■Nicolas Godin『Concrete and Glass』 (2020年1月リリース)

先日、自宅で『カリガリ博士』を見た。1920年にドイツで制作されたサイレント映画だが、多くのサイレント映画は当時、上映する際に合わせて即興で音楽が演奏されていたようだ。これを知ったとき、サイレント映画のために演奏された音楽が、アンビエントミュージックの源流だったのではないかと思った。

2011年の「第64回カンヌ国際映画祭」でカラーバージョンが披露されたサイレント映画『月世界旅行』で、音楽を担当したのがフランスの音楽ユニット・Air。『Concrete and Glass』はそんなAirの1人、Nicolas Godinのソロアルバム。そして本作は言わば「建築物のための音楽」なのである。大学で建築を学んでいた彼が、あるフランスの現代アート作家の依頼で、様々な建築物に合わせた音楽を作ることになり、その延長で本作が生まれたのである。タイトル曲「Concrete and Glass」でのミニマルにレイヤーされるシンセの音は、建築物における交わる直線と、そこに生まれる平面を想像させる。

多くのゲストボーカルが参加しており、彼はそれぞれと建築物のイメージを共有し、様々なアプローチで曲を制作しているため、バラエティに富んだ内容になっている。そんな中、私の耳に強く残っているのは、本人ボーカルの曲「What Makes Me Think About You」だ。Airのファーストアルバム『Moon Safari』に収録されている「Remember」という曲を彷彿とさせる柔らかなトラックは、本作のハイライトのひとつだろう。アートワークに映し出されているリゾートな雰囲気もふんだんに出ている。サイケデリックな感覚はあまり無いが、同時期にリリースされたTame Impalaの『The Slow Rush』と世界観がどこかで繋がっているような作品である。




■執筆者プロフィール

・盛口薫(もりぐちかおる)

担当番組
『SAPPORO BEER OTOAJITO』
『TAKRAM RADIO』

ラジオ番組制作者。初めて生で見た有名人はカイヤ。この春、大阪にある実家が諸事情のため消滅したので、行き場を失ったCDがダンボールに入って、現在住んでいるワンルームのド狭い部屋に積み重なっている。
Recommended by

News Ranking

Archive