美空ひばりが母についた「優しい嘘」とは…作家・沢木耕太郎がエピソードを語る

作家・沢木耕太郎の『沢木耕太郎セッションズ<訊いて、聴く>』シリーズ。現在、『達人、かく語りき』『青春の言葉たち』『陶酔と覚醒』の3冊が刊行され、4冊目となる『星をつなぐために』は6月11日(木)に発売予定だ。

J-WAVEでは同シリーズと連動し、特別番組『J-WAVE SPECIAL SESSIONS〜沢木耕太郎、人を語る。』を4月29日(水・祝)にオンエア。沢木がこれまでにインタビューやドキュメント取材を行った、高倉 健、美空ひばり、井上陽水、武田鉄矢、草刈民代、檀 一雄、檀ヨソ子、モハメド・アリ、山野井泰史・妙子、尾崎 豊といった著名人のエピソードが語られた。

ここでは、美空ひばりとのエピソードを紹介しよう。

【関連記事】
・高倉 健とのエピソード
・井上陽水の「父親像」に感じた、独特な美意識
・尾崎 豊は、ただ「ヤンチャ」をしていたのではない。


■「美空ひばりだな~!」と嬉しくなった言動

高倉が出演した沢木のラジオ番組で、最後に沢木がリクエストしたのが美空ひばりだ。美空はインタビュー番組に出ないことで知られていたため、高倉以上に「難しい」と言われていたが、沢木はそのときも「なんかいける気がする」と思っていた。そして沢木の予想通り、美空は承諾。「健ちゃんが出た番組ならいいわ」という高倉の出演歴が理由だったのだとか。

沢木:その番組では、吉永小百合さんとは修善寺の温泉で、中島みゆきさんとは新宿のそば屋で、美空さんとは馴染みの赤坂の料亭で対談しました。僕は美空さんのコンサートを観たことがなく、お会いするまでの準備として横浜のコンサートに行ったのですが、衝撃的でした。25曲を1回も休まず、軽々と見事に歌い続けた。初めてすごい人を見た感覚でした。そして対談の際の写真撮影で、カメラマンがカメラと僕たちの距離を取るために「少し下がってもらえますか?」と言ったら、美空さんは僕を見て「あの人、変なこと言うわね。自分が下がればいいじゃないね」って言ったんですよ(笑)。きっと美空ひばりに「下がれ」なんて言う人はいないんでしょうね。僕はそれを聞いて「美空ひばりだな~!」ってすごく嬉しくなりました。


■美空ひばりの第一印象が激変した理由

美空の母である加藤喜美枝は、35年間マネージャーを担当するなど、公私ともに美空を支えていたことで有名だ。沢木は対談前、美空に「“ステージママ”のお母さんにすべてやってもらって、ただ歌ってそのまま大人になった歌手。芸能の世界以外のことを知らない、血縁以外の人をはじく人」という先入観を持っていた。

沢木:ところが話をすると、美空さんは「私は仕事や人間関係、お金のことも全部わかっていた」と言うんです。「人生をすべて私に注いでくれたお母さんは、『私がいなければ娘はやっていけない』ということを支えに生きてきた人。だから『私はすべてわかっているわよ』と伝えたら、お母さんは悲しいに違いない」と。「知らないフリをしてきただけだから、母がいなくなっても別に困らなかったわ」と言っていました。また、「コンサートで最後の歌を歌うために袖から舞台を見ると、ライトが当たるところにものすごい量のホコリが舞っている。『あのホコリのなかで私は思い切り息を吸って吐いて歌うんだ』っていつも思うのよ」なんて言うわけですよ。そんなことを思う人が、頭が悪いわけないよね。人間的に本当に頭のいい人なんだとわかってきた。こんなに第一印象が劇的に変わった人はいなかったですね。

今もなお、人々の心を魅了する美空ひばりの素顔が伺い知れるエピソードだった。

J-WAVE NEWSでは今後、井上陽水、尾崎 豊についての沢木の語りも記事として掲載する。お楽しみに。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE SPECIAL SESSIONS〜沢木耕太郎、人を語る。』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/holiday/20200429_sp/ 
Recommended by

News Ranking

Archive