【注目の学生アーティスト】様々なジャンルの曲に挑戦中! Misakiの目標は「世界で活躍するヴォーカリストになること」

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』。毎週木曜日は、週替わりでナビゲーターが登場。今週は、5月以来、2度目の登場、モデルの堀田茜が担当。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。6月18日(木)のオンエアでは、Misakiさんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。


■昨年3月にNHKのど自慢でチャンピオン獲得

前回、SSAMさんが「いい声を持っていて、どんなジャンルでも歌える」と紹介していたMisakiさん。まずは、いつから活動しているのか訊いてみた。

堀田:アーティスト活動は、いつからされてるんですか?
Misaki:昨年、音楽の専門学校に入学して、学校のイベントにバンドのヴォーカリストとして出演して、今年から学校の外でソロ活動を始めました。
堀田:活動を始めたきっかけは、何だったんですか?
Misaki:中学生の頃にONE OK ROCKに出会って、ヴォーカルのTakaさんに憧れて、世界で活躍するヴォーカリストになりたいと思ったのがきっかけです。
堀田:主にどんな活動をされてるんですか?
Misaki:ライブハウスではソロヴォーカリストとして出演して弾き語りもしたり、学校のイベントではバンドヴォーカリストとして出演したりしてます。
堀田:事前情報によると、昨年3月にNHKのど自慢でチャンピオンになったという事ですが、出場してどうでしたか?
Misaki:上京する直前だったので、「これから頑張っていくぞ! 」という気持ちを込めて歌いました。
堀田:ご自身でも曲を作っているそうですが、曲作りはどのようにしてるんですか?
Misaki:そこまでたくさん作ってるわけではないんですけど、外に出て自然に触れたり、人間ウォッチングしているときにメロディが浮かんでくることが多いです。
堀田:今回オンエアしたような、スローな曲が多いんですか?
Misaki:う~ん、そんなこともないんですけど、学校に入ってから色んなジャンルを学んでいこうと思って、ジャズにも挑戦しました。
堀田:最後に、Misakiさんから何かお知らせはありますか?
Misaki:8月23日(日)に、御茶ノ水の「KAKADO」でライブがあります。配信はしない予定ですが、今後の状況によって変更があるかもしれないので、私のSNSをチェックして頂けると嬉しいです。


■台湾出身のアーティスト・KenKenBGM

そんな、Misakiさんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「KenKenBGM」さん。

堀田:どんなアーティストですか?
Misaki:私と同じ専門学校に通う、台湾出身のアーティストです。
堀田:魅力を教えてください。
Misaki:DAWの研究や練習を毎日欠かさない努力家です。BGMやインストを作っているアーティストで、彼の曲は耳で観ることができる映画の予告編のようで、少し聴くだけでもワクワクしてきます。

次回は、KenKenBGMさんにおすすめアーティストを紹介してもらう。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-23時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive