NYを拠点に活動するデュオBrasstracks、『Change For Me』で話題のシンガーソングライター・Samm Henshawとコラボ

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』。毎週木曜日は、週替わりでナビゲーターが登場。今週は、5月以来、2度目の登場、モデルの堀田茜が担当。

『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVE がプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。6月18日(木)のオンエアでは、Brasstracksの『Change For Me with Samm Henshaw』をピックアップ!


■こだわりは、メイン楽器のトランペットとドラムの生音

トランペッターのアイヴァン・ジャクソンと、ドラマーのコナー・レインの二人によって、2014年に結成されたBrasstracks(ブラストラックス)。現在、彼らの楽曲『Change For Me with Samm Henshaw』が、J-WAVE SONAR TRAXに選ばれている。

ニューヨークにあるマンハッタン音楽大学で、お互いジャズを専攻する学生時代に知り合い、意気投合。もともと小さい頃から、ジャズ、ロック、レゲエ、クラシック、AOR、R&B、ヒップホップなど、様々なジャンルの音楽に触れてきたという二人。通っていた学校の「ジャズ以外の音楽を演奏してはいけない」という考え方に強く反発していて、そのことが“音楽は自由な気分にさせてくれるものであり、私たちはどんな形でも制限されたくない”という彼らの自由な音楽性に現れている。

そんなブラストラックスの名前が、広く知られることになったきっかけが、ストリーミング時代の新星ラッパー、チャンス・ザ・ラッパーの大ヒット曲『No Problem』。この曲のプロデュースを担当したのが、ブラストラックスだった。その他にも、アンダーソン・パークの『Am I Wrong』のホーン・パートを担当したりと、人気作にも数多く参加している。それと並行して、自分たちの作品も発表し、そちらにも人気アーティストのロバート・グラスパーが参加するなど、着実に知名度を上げていった。

【Brasstracks『Change For Me with Samm Henshaw』をradikoで聴く】

そんなブラストラックスのこだわりは、二人のメイン楽器でもある、トランペットとドラムの生音。打ち込みだけじゃない、生音への強いこだわりが、彼らの音楽に、独特の温かみのある魅力をプラスしているのかもしれない。そんな彼らが、今、世界でも一番ホットな音楽シーンの一つ、サウスロンドン出身の話題のシンガーソングライター・Samm Henshawとコラボしたのが、この『Change For Me』だ。ロックダウン前に撮影されたと言う、NYの街を3人で歩き回るMVも要チェック!


【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-23時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive