ゆうらん船 本村拓磨&カネコアヤノがリスナーの恋愛相談に回答!

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。「SONAR'S ROOM」のコーナーでは、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語る。

6月23日(火)のオンエアでは、火曜担当のカネコアヤノが登場。この日は、ゆうらん船/Gateballersのベース 本村拓磨をゲストに迎え、リスナーからのメッセージに答えるとともに生演奏を披露した。


■同い年に片思い、今までの関係性が崩れてしまうのでは

本村拓磨は、ゆうらん船/Gateballersのメンバーでカネコアヤノバンドのベースも担当。今回は、カネコアヤノと本村拓磨の2人でリスナーからの恋愛相談に回答した。

「今私は大学生で同い年に片思いしてるのですが、相手は恋愛にそこまで興味がない誰にでも優しい人で、どうアタックすればいいか悩みまくっています。最近は夜に2人で散歩に行ったりするのですが相手は女友達の1人として接しているのが伝わってきてしまいます。急にアタックしたら怖がられて今までの穏やかな関係性が崩れてしまうのではないかと不安で前に進めません。アヤノちゃんはこういうときどう次に進みますか?」

カネコ:誰にでも優しい人っているけどさ、結局素直に言わないと前には進めないよね。
本村:結局ね。怖がる気持ちは分かるし「他の女の子と同じように優しくされてるっていうのが伝わってしまいます」っていうのもその事実に証拠があるならアレだけど、ないなら思い込みでもあるっていうね。
カネコ:確かにそういう風に過剰に見えちゃってるっていう可能性も0ではないよね。でも夜に散歩に行くって好きじゃない?
本村:だいぶラブですよ。「どうしたら次に進めますか?」っていう答えは進むしかないっていう(笑)。
カネコ:私今思い出したんですけど、昨日まで『ロングバケーション』見てたんですよ。なんか南さんと瀬名がね、「友達でいた方が良かったわ」みたいなこととか言ってんだよね。
本村:あ〜。
カネコ:あ〜!これだ〜!ってなった(笑)。友達のままでいたいって難しいよね!でも言ってみるしかないよ。
本村:先に進みたいのであれば聞くしかないっていうすごい残酷な答えではありますが。
カネコ:怖いっていう感情を捨てたら次があるかもしれないし、もしこの人に冷たくされてこの人が離れていったら絶対次の自分の中の枠に来る人はいると思う。何か一個なくなると何か一個入ってくるって私は信じてるから。絶対そういう風に社会はできてる。
本村:あと何が怖いのかを紐解いていくと不安要素が消えるかもしれないですね。


■「iPhone落としましたよ」から恋が発展

続けてリスナーからの相談に回答した。

「私は26歳なのですがずっと恋人がいません。好きな人もいません。周りには年齢的にも焦った方がいいとか婚活した方がいいよとか言われるのですがなかなかそんな気になれず、ハンカチを落として拾ってくれた人との恋みたいな素敵な出会いに憧れてしまっています。カネコさんだったらどうしますか?いつまでも夢みたいなことを思うのはおかしいでしょうか?」

カネコ:(笑)。ハンカチのくだりで笑っちゃったのは、本村くんじゃん!って思っちゃったの私。
本村:そうですね。説明すると、22歳のとき鎌倉にある文学館という歴史の資料館みたいなところに行って1人でブラブラ見てたんです。そのとき持ってたiPhoneを落としてそのまま帰ろうとしたら女の人が拾ってくれて「iPhone落としましたよ」みたいなところから何か恋が発展するようなことがあったので…。
カネコ:一回あったよね。
本村:だから夢みたいなことを待つのがおかしいかは分からないけども、そのシチュエーションは夢ではないというか。
カネコ:そうだよ。しかも26歳で恋したことないとか良いけどね。
本村:何も焦る必要はないし自分がどうしたいかだよね。
カネコ:それに長生きして80歳で死ぬとするじゃん? そのうちのまだ26歳だよ?だから全然まだこれからじゃんって思う。
本村:赤ちゃんですよ。
カネコ:自分自身がそういう風に思ってないなら別に良い気がするけど。そういう風に言われたときは、「私音楽好きだし、こういう好きなものがあって幸せだから良いんだ」って言い切れば良いだけな気がする。
本村:そうやって自分の好きなものを意思表示してこの人はこういう人なんだってわかりやすく生きてたらそういう出会いもあるかもしれない。
カネコ:だから自分が望んでるならそういうモードになって自分の心を開いてれば恋愛ができるかもしれないけど、自分がそうじゃないなら好きなものに囲まれててイェーイでいいじゃんね。
本村:誰にも迷惑かけてないしね。
カネコ:それでいいんですよ。

ここで、2人がゆうらん船の曲を生演奏した。

【オンエアはこちら】カネコアヤノ&本村拓磨『青い鳥(生演奏)』をradikoで聴く

カネコ:まぁでも本当に恋愛の悩みってみんなあるよね。心がちょっと過剰になりすぎるよね。
本村:良くも悪くも自分の視界が狭くなっていくよね。
カネコ:そう視野が狭くなるんだよ。「今はそういうときなんだ」って思って生まれ持ったメンヘラみたいな部分を自分で無理矢理コントロールできるようになったら強靭って思ってんだよね。
本村:あとは何より失敗しても死ぬことはないっていう。
カネコ:そうそう死なない!
本村:全部楽しんでやるといいよね。

ゆうらん船の1stアルバム『MY GENERATION』が6月24日(水)にリリースされたばかり。気になる人はぜひチェックしてみて欲しい。

J-WAVE『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR'S ROOM」では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがその日のテーマにまつわるトークを展開。時間は22時30分ごろから。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-23時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive