mahina、新曲『everyday』7/1(水)配信リリース! 「自分の全てでありスタートである、そんな楽曲を作ることができた」

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVE がプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。6月24日(水)のオンエアでは、mahinaの『everyday』をピックアップ!


■mahina は、ハワイの言葉で「月の光」を意味する

2018年、“新月の夜”に活動をスタートしたシンガー・mahina。アーティスト名の「mahina」とは、ハワイの言葉で「月の光」を意味している。SONAR MUSICでは、少し前にバイノーラルマイクで録音されたライブ音源をオンエアした。これまで2枚のミニアルバムと2曲の配信シングルをリリースしている。

そして、現在、3作連続配信リリースの3曲目『everyday』が、SONAR TRAXになっている。mahinaの曲がSONAR TRAXなるのは、『Light Of The World』に続いて2曲目だ。番組では、ご本人の声を交えて、mahina、そして、楽曲について迫った。まずは、曲作りについて、影響を受けているものを教えてもらった。

mahina:曲作りするときは、自分が生きてることでいただいた気持ちをなるべくそのまま曲にしたいなと思って制作しています。歌うときは、まっさらな気持ちで歌っています。自分の音楽に影響を与えたものは、ジャンルを問わず、今まで耳にして、目にして触れてきた全ての音楽や映画などに影響を受けています。


■自分自身が持つ弱さもこの曲で許せた気がする

続いて、SONAR TRAXになっている『everyday』についても教えてもらった。

mahina:この曲は、mahinaとしての全てでありスタートである、そんな楽曲を作ることができたと思っています。私がずっと感じてきた人の弱い感情だったり、何かを失う意識、体やジェンダーや国の違い、動物と自然、その全部を抱えて生きていきたいという想いを込めました。自分自身が持つ弱さみたいなものも、この曲で許せたような、そんな気がした大切な作品です。

【mahina『everyday』をradikoで聴く】

最後に、今後の活動について訊いてみた。

mahina:音楽にたくさん救われた私は、誰かのためになれる音楽がどんな形であっても、自分から生まれたらそれが奇跡だなと思っています。みなさんにまた新しい奇跡を届けられるよう、日々深く世界の声と響きを感じながら、音楽を作っております。みなさんに元気でお会いできますよう、楽しみにしています。

SONAR TRAXの『everyday』は、7/1(水)に配信でリリースされるので、ぜひチェックしてみてほしい。


【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-23時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive