【注目の学生アーティスト】力強い歌声と鋭いサウンドが魅力のバンド「明くる夜の羊」

2019年07月31日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していきます。7月29日(月)のオンエアでは、明くる夜の羊(あくるよのひつじ)のボーカル/ギター・河野 唯さんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらいました。

【音楽&トークをradikoで聴く】


■やっぱり佐倉市はアツかった

【関連記事】3ヶ月1回、自主企画を開催中! 千葉県・佐倉市発3ピースバンド・Hivari

Hivari(ヒバリ)のSakuma さんが「力強い歌声と鋭いサウンドが魅力」と紹介していた明くる夜の羊(あくるよのひつじ)。どんなバンドなのか、ボーカル/ギターの河野さんに話を訊きました。

あっこゴリラ:明くる夜の羊のメンバーは、どこで知り合ったんですか?
河野:地元の千葉県佐倉市のライブハウスで知り合いました。もともと他の3二人が別のバンドを組んでて、私は弾き語りをやっていて出会いました。
あっこゴリラ:弾き語りってことは全部自分でできちゃうんだね。今は、どんな風に曲作ってるの?
河野:今は、みんなで作ってます。元となるものを誰かが持ってきて、私が歌メロつけたりとか、弾き語りで持っていったりとか。
あっこゴリラ:そうなんだね。千葉県の佐倉市はどうですか?
河野:すごいですよね。この「SONAR TO THE NEXT」のコーナーで何回も連続で紹介されて......。
あっこゴリラ:そうなんですよ~  佐倉市こんなにアツかったの、っていう。
河野:ほんとにめちゃめちゃアツいです!
あっこゴリラ:それが知れて嬉しいなと思います。


明くる夜の羊は、今月1st mini album『紡ぐ、その日々』をリリースし、活発に活動しています。河野さんは大学生ということですが、大学生活はどのように過ごしているのか訊いてみました。

あっこゴリラ:明くる夜の羊は、もうバリバリ活動されてるってことですね。大学通いながら、そうゆうこともちゃんとやってるってすごいよね。両立大変じゃない?
河野:めちゃめちゃ大変です。疎かになってます。今日も徹夜明けで......。
あっこゴリラ:アハハハハ! 大学の課題とか?
河野:制作があって。
あっこゴリラ:大変だね。充実した日々を、ちゃんと選んで生きてる大学生って一番忙しいかもしれない。
河野:そうですね。でもめっちゃ楽しいです。
あっこゴリラ:最高じゃん。私もそんな大学生過ごしたかったわ。うらやましい。そんな明くる夜の羊から、お知らせはありますか?
河野:この前の流れから、佐倉市で行われる「くさのねフェス」とともに、明くる夜の羊からとしては、今月1st mini album『紡ぐ、その日々』をリリースしたんですけど、そのレコ発イベントを、8月4日(日)にライブハウス「Sound Stream sakura」で開催します。もし良かったら来て下さい。



■ボイスリーディングの落ち着く歌声と切なさが魅力

そんな、河野さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、シンガーソングライター「尾崎リノ」さん。

あっこゴリラ:どこで知り合ったんですか?
河野:私が弾き語りしてるときに出会って、一目惚れしました。
あっこゴリラ:これはもしかして、佐倉市ではない?
河野:佐倉市じゃないです。飛び出しました。
あっこゴリラ:おっ! ここで佐倉市から飛びましたね。佐倉市マジでありがとう!って感じだわ。尾崎リノちゃんのどんなところに一目惚れしたんすか?
河野:ほんと痛いくらい生活を弾き語りで歌っていて。ボイスリーディングっていうんですかね、すごく声が落ち着くし、その中に切なさとかもあってめちゃめちゃ良いので、みなさんに聴いてほしいです。


次回は、尾崎リノさんに話を訊くとともに、おすすめアーティストを紹介してもらいます。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive